木曜日, 4月 18, 2024
ホームガジェット【話題沸騰!】Nothingが手頃な価格のイヤホンとスマートウォッチを発売!

【話題沸騰!】Nothingが手頃な価格のイヤホンとスマートウォッチを発売!

Nothingは、低価格のデバイスをリリースする提案に常に無関心を示してきました。このロンドン拠点のハードウェアスタートアップは、デザインを中心としたライフスタイル、またはファッションブランドとしての位置づけを選んでいます。一般の消費電子製品には珍しいアプローチとして、同社は限定版の商品販売、実際の形式での提供に取り組んでいます。

それにもかかわらず、価格設定は常にNothingの魅力の一部でした。その最初の製品である$99 Ear (1)を含め、最近のPhone (2)でも同様です。もちろん、$599では予算型のスマートフォンとはいえませんが、現在の多くの一流のフラッグシップモデルの価格を大幅に下回っています。

最新のコミュニティ・クォータリー・アップデートで、同社はCMF by Nothingのロー・コスト志向の製品ラインの開始を発表しました。創設者のCarl Peiはこのブランドを「より多くの消費者にアクセスしやすくする新しい製品ライン」と称しています。

Peiはビデオで次のように述べています。「私たちは、良いデザインをより民主的にし、さらに多くの人々に影響を与えることができると信じています。現在、テクノロジーセクターのバリューセグメントを見ると、本当に興味深くなるものはほとんどありません。良い品質は嘘の約束のようです。私たちは非常にデザイン主導の組織ですので、NothingとCMF by Nothingの両方で同じ高品質、高水準のデザインが見られるでしょう。また、私たちはユーザーエクスペリエンスに重点を置いた会社でもありますので、製品が見た目だけでなく、非常に良く機能することも求めています」と。

Peiはまた、Nothingの製品ラインは「最高級のコンポーネントと最高の性能に焦点を当て、最新のテクノロジーも搭載する」と述べています。一方、CMFは「クリーンで永遠のデザイン」に焦点を当て、「過度な価格設定」を避けるでしょう。

同ブランドはNothingの傘下で独自のチームで運営されます。同社は6月末に9600万ドルの資金調達ラウンドを発表しました。これは、人員拡大と独自のR&Dチームの開発に充てられるでしょう。CMFの最初の製品であるイヤホンとスマートウォッチは、今年後半に発売予定です。Nothingはこれまでにも複数のイヤホンをリリースしてきましたが、新しいブランドで初めてスマートウォッチを発売するかどうかが注目されます。

この動きは、Peiの前の会社であるOnePlusが展開した予算型のNordに似ています。価格を抑えたデバイスにより、デバイスメーカーは幅広い消費者層にアピールし、参入障壁の低い市場をターゲットにする機会を得ました。では、CMF by NothingはNordthingになるのでしょうか?同社は年内にさらなる詳細を約束しています。

このニュースは最近のNothing Phone (2)の発表に続きます。このスマートフォンはQualcommのフラッグシップチップであるSnapdragon 8シリーズを採用しました(ただし最新バージョンではありません)。おそらく、会社が低価格デバイスに専念する一方で、主力製品により高品質のコンポーネントを取り入れることになるでしょう。

 

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments