木曜日, 4月 18, 2024
ホームガジェット【究極の睡眠体験】ボーズのSleepbudsが新メーカーから更なる進化を遂げ復活!

【究極の睡眠体験】ボーズのSleepbudsが新メーカーから更なる進化を遂げ復活!

>最近のハードウェアの中で、Bose Sleepbudsにこれほど惹かれたものは思い出せない。 それがますますイライラさせられた。最近は、就寝時に適したヘッドフォンを探すという小さなクエストに取り組んできた。ひどい寝付きの私にとって、そのアイデアは大好きだが、現実は今までのところ期待には応えていない。しかし、Boseの製品にはそれに一番近いものがあった。

形状は素晴らしかった。快適にフィットする。私が寝ている時は普通に横になる。イヤホンは私の耳と枕の間にかぶせても圧力をかけずにフラットに収まるほど小さかった。音質も十分に良かった–確かに、十分に良い音質で良い夜の睡眠を得ることができる。

しかし、常に1つの目立った問題があった: ストリーミングができないこと。これは目立つ欠点のように感じる。さらに悪いことに、Boseのマーケティングは、バッドと一緒に出荷されたプリロードされたサウンドスケープさえ必要ないと主張した。せせらぎもいいものだが、私はアリス・コルトレーンの音楽で寝落ちする方が好きだ。結局のところ、この全体の体験は、Boseの感情を正確に評価したものと、技術的な問題を回避するための方策が、いかほどあったのか疑問を抱かせた。

とはいえ、Sleepbudsの最も特徴的な点はそのサイズである。これはいわば妥協である。たとえばBluetoothラジオを追加すると、バッテリーを小さくすることになり、ほとんどの人が一晩中持ち続ける充電を求めるだろう。ただ一つ明確なことがある。私の考えと同じだったことだ。他の製品レビューアも同じ感じで、顧客のレビューも同じであった。

Boseが後者に対して提示した canned support response は次のとおりだ:

スリーブッズは、特別に選り抜かれたリラクゼーションコンテンツを再生します。これらのコンテンツはスリーブッズ内にダウンロードされ、この小さな形状でも長時間の再生とバッテリー駆動が実現されます。ただし、スリーブッズは、自分の音楽、オーディオブック、ポッドキャストをストリーミングすることはできません。

ストリーミングが可能な他のイヤホンもご利用いただけます。

恐らく世界が理想とするBose Sleepbudsは、もはや現れることはないだろう。その夢は消えてしまったようだ。しかしこの点において、BoseはIP (知的財産) を商標弁護士の引き出しに塵をかぶらせているわけではないと言える。珍しいことに、このヘッドフォンメーカーはSleepbudsをかつての従業員3人に非公開の金額で売却した。

Ozloの創業者はBose出身である。CEOのN.B. パティール氏は、新興ビジネス担当のシニアディレクターとして、23年間同社で働いていた。COOのブライアン・マルケイ氏も同様に同社で20年近く働き、最終的にはボーズの開発部門の経営者になった。また、チーフプロダクトオフィサーのチャーリー・テイラー氏は同社で3年間働いており、2022年4月に最後に辞めた–偶然にもOzloが設立された同じ月である。

彼らはTechCrunchに対して、同社はBoseからIPを取得する前に設立されたと述べている。これは確かに大きなギャンブルだった。元雇用主が販売に同意しなかった場合、彼らはスリープバッズをゼロから再設計することを余儀なくされたはずだが、訴訟問題を引き起こさぬように十分に異なった製品にする必要があった。しかしこの契約が成立した後、Ozloは投資家たちに示すためのより良いストーリーを持つことになった。このスタートアップは、LifeArc VenturesとARTIS Venturesを主導に、合計1010万ドルの資金を調達した。

先週、マンハッタンでの会議の際、会社側が新しいハードウェアを机の前に置いた。最初の見た目ではほとんど変わっていないと思われる。OzloはSleepbudsという名前をそのまま使っているのだ。まあ、製品を再開発する際には、ブランディングを変えない方が良いだろう。確かに、ラインの関連性は十分に魅力的である。

最も大きな不満は、欠けている機能である。まずは先述のストリーミング機能である。Ozloはバイオメトリクスももう一つの大きな要望であると追加している。確かに、Sleepbudsに睡眠トラッキングを追加するのは理にかなっている。予定されているヘッドフォンは、年末商戦前にリリースされる予定で、両方の機能を搭載している。

会社が最初に私にアプローチした時、私は前者について尋ねた。それが追加されていたと確認されたので、私はすぐに会議に出席した。私の希望リストのトップには睡眠トラッキングはなかったが、他の人がした理由はよく分かる。実際、これが、OuraリングをApple Watchよりも選ぶ人々の大きな理由の一つなのだ。誰もが寝ている間に何かを腕に巻くことはしたくないのだから。この機能を備えたSleepbudsは、多くの人々にとってさらに侵襲性の低いものとなるだろう。

Ozloは、ヘッドフォンに搭載されているセンサーについては明言はしないが、それらは耳との直接接触を必要としない動きを検知するものであると述べている。演繹的な推論によれば、ここではジャイロスコープと/または加速度計が使用されていると考えられる。製品はユーザーの動

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments