木曜日, 4月 18, 2024
ホームガジェット【衝撃】インドがノートパソコン、タブレット、その他個人用コンピュータの輸入を制限

【衝撃】インドがノートパソコン、タブレット、その他個人用コンピュータの輸入を制限

>インド商工省は、即効で、ノートパソコン、タブレット、その他のパーソナルコンピュータおよびサーバーの輸入を制限すると述べ、輸入に対するライセンス要件を導入すると発表しました。アナリストによると、これは地元の製造努力を促進することを目的とした措置のようです。

「HSN 8741に該当するノートパソコン、タブレット、オールインワンパーソナルコンピュータ、および超小型フォームファクターコンピュータおよびサーバーの輸入は『制限』されます」と政府の通知に記載されており、「制限された輸入には、有効なライセンスが必要です。また、これらのデバイスを手荷物に持ち込む旅行者には、この制限は適用されません。

これは、数年前にスマートテレビの輸入に似た規制が導入された後の措置であり、地元の製造を促進する助けとなるでしょうが、ニューデリーは説明を提供していません。アナリストによれば、インドのスマートテレビの輸入禁止は約3年前に地元の製造を促進しました。

インドは近年、企業に対して国内生産を促進するための奨励措置を提供しています。この取り組みは、スマートフォンメーカーの多くを引き寄せ、現在は半導体メーカーとチップメーカーの関心をますます引いています。

今年5月、ナレンドラ・モディ政府は、ノートパソコン、パソコン、サーバー、および関連するエッジコンピューティングキットなどのハードウェアを現地で製造するビジネスを促進するための20億ドルの計画を発表しました。この計画は、政府が89億2000万ドルを費やす前のプログラムのアップグレードです。

「この政策発表は、国内のデジタル市民の急増に対し安全なデジタルアクセスを提供するという前提に基づいているようです。私たちは信頼できる産業パートナーに有効なライセンスが提供されることに自信を持っており、企業間の取引の容易さとデジタル消費者への信頼できるブランドへの無制限なアクセスが可能となるでしょう」とインド携帯電話および電子機器協会のパンカージ・モヒンドロー会長が声明で述べています。

DellやHPなどの企業はすでにインドに製造施設を持っています。インド政府はまた、地元の生産をさらに拡大し、同国をAppleとその製造パートナーがグローバルな製造拠点を確立するための魅力的な場所にすることを目指しています。ただし、現在、同国は数十億ドルをノートパソコンやその他のハードウェアの輸入に費やしています。

2021年から2022年にかけての政府のデータによると、インドの完全電子製品の輸入額は2019年から2020年にかけての320億ドルを超え、32%増の430億ドルに成長しました。ただし、地元生産を促進するために提供される奨励策と計画により、2021年から2022年にかけての電子製品の輸入額(部品を含む)全体の輸入の割合は69%から64%に減少しました。

香港の市場調査会社Counterpointによると、2023年の上半期にインドに出荷されたノートパソコンの約30〜35%とタブレットの30%が現地製造されたものと推定されています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments