金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【巨額調達で再び注目!】GreyOrangeが135億円を調達、フルフィルメント業界が依然熱い!

【巨額調達で再び注目!】GreyOrangeが135億円を調達、フルフィルメント業界が依然熱い!

  • ここ数年間、私はロボティクスの分野で数え切れないほどの人々に尋ねてきました。「倉庫/配送の次は何ですか?」このすでに人気のあるカテゴリーは、オンラインショッピングが利便性から必需品に変わったパンデミックの間にますます盛り上がりました。
  • Amazonは、10年以上にわたりインハウスシステムでこの分野をリードしてきました。一方、Locusや6 River Systems、Fetch(現在はZebraによって所有されてブランド化されています)などの企業は、主要小売業者と提携を結びました。「次は何か」と尋ねることは、配送の脚光が終わったことを示すものではありません。経済の減速にもかかわらず、これはますます巨大化していく大きなカテゴリーです。
  • ジョージア州ロズウェルの郊外に本社を構えるGreyOrangeは、AmazonのKivaディールが業界を揺るがした2011年に設立されました。この10年以上の間に、同社はウォルマートカナダ、ナイキ、スウェーデンのファストファッション小売業者H&Mなど、いくつかの有名な顧客を獲得しています。
  • 同社は資金調達にも特に問題がありませんでした。GreyOrangeは2018年に1億4000万ドルのシリーズCを発表し、本日は1億3500万ドルの成長資金調達であるシリーズDを発表しました。このラウンドはAnthelion Capitalが主導し、Mithril、3State Ventures、Blume Venturesからの再投資も含まれています。
  • ここ数年、同社は倉庫、配送、3PLのニーズに対応するためのフルスタックソリューションの構築に取り組んできました。これには、KivaのようなAMR(自律型モバイルロボット)、フォークリフト、ピッキング用のビンシステムに加えて、独自のファーストパーティ(「ハードウェアに依存しない」)フリート管理ソフトウェアも含まれています。
  • CEOのAkash Guptaは、この資金調達ラウンドの一部が顧客にシステムを提供するために使われると述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments