金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【友達と報酬を稼いでトレード!】Claimが4億円調達で話題沸騰!

【友達と報酬を稼いでトレード!】Claimが4億円調達で話題沸騰!

>Claimは、報酬アプリとソーシャルネットワークの両方であるプラットフォームで、Sequoia Capitalが主導するシードラウンドで400万ドルを調達しました。このスタートアップは、ショッピングを楽しく、報酬を得られるものにし、またソーシャルなものにするというミッションを掲げています。このアプリは2022年1月に招待制のベータ版でローンチされ、現在はボストンの大学生や大学院生に焦点を当てています。

Claimを使えば、ユーザーと友達はキャッシュバックを得たり、報酬を交換したり、一緒に使うこともできます。このプラットフォームは、人工的なコンテンツや再投稿ではなく、現実世界の価値や共同体の経験に重点を置くソーシャルネットワークを目指しています。

このスタートアップは、CEOのサム・オブレッツとCTOのタップ・ステファンソンによって2021年11月に設立されました。二人はイェール大学でルームメイトになり、ハーバード大学のビジネススクールで再会した際に、Claimのアイデアを思いつきました。オブレッツとステファンソンはもともと、デジタル上で何かを所有することの意味について考えていました。

「私たちは、オンライン上で何かを所有することの意味に非常に興味を持っていたので、Claimを立ち上げました」とステファンソンはTechCrunchのインタビューで語りました。「私たちはそれをウェブ3やコレクチブルのスポーツで見ました。オンライン上で何かを所有する場所は常に存在してきましたが、それは一般化された形ではありませんでした。そして、私たちは次のように考え始めました: オンライン上で何かを所有するためのすべての摩擦を取り除くことは何を意味するのか?それがClaimにつながったのです」と彼は述べました。

二人はまず、リアルワールドで使える報酬を獲得し、それがクレジットカードにリンクされるプラットフォームを思い描きました。そして、ユーザーが報酬を友達と一緒に使ったり、交換したりできるようにすることを決めました。これらのアイデアを思いつくにつれて、オブレッツとステファンソンは、今日一般的に存在しないソーシャルなメカニズムに取り組んでいることに気付きました。

Claimは、ブランドに対してトレーディングカードのようなものであるが、価値に基づいた新しい体験を消費者にもたらします。このスタートアップは、ユーザーがお金を節約しながら新しい体験を共有できるようにすることで、消費者の報酬をマルチプレイヤーゲームに変えたと言っています。

もしもあなたが特定のブランドが大好きで、友達がまだそのブランドを知らない場合、お気に入りのコーヒーショップから無料のアサイボウルやお気に入りのストリートウェアのTシャツなど、特別な報酬を送ることができます。報酬を交換したり、一緒に新しい場所を試したり、ブランドでの支出によってステータスを獲得したりすることができます。Claimはまた、週に一度「ドロップ」を行い、ユーザーが同時に新しい報酬を手に入れることができます。ユーザーは報酬を交換したり、贈ったり、友達とトレードしたりすることができます。

Claimは消費者にとって有益であることを目指していますが、スタートアップはまた、マーケターやブランドがGoogleやInstagram、TikTokで広告を強制することなく、新しい顧客にアプローチすることにも注力しています。Claimでは、消費者が友達からの報酬を通じてブランドを発見することができます。スタートアップは、新しい顧客にアプローチする際に、広告よりも実際に製品を試すことの方が有益だと信じています。

「私たちはマーケターにとって非常に便利なツールを提供しています」とオブレッツは語りました。「彼らがどこで買い物をし、友達がどこで買い物をしているかに基づいて顧客を見つけることができます。彼らがまだそのブランドに行ったことがない場合、初めてそのブランドを試すための報酬を与えることができます。それは非常に重要な点です。何故なら、私たちは本当の新しい顧客を獲得しており、その報酬が支出に基づいてどれだけ効果的であったかを示すことができるからです。そして、私たちが作り出したのは、この驚くほどシンプルなマーケティングツールなのです」と彼は述べました。

このスタートアップは現在、PepsiCoなどのフォーチュン500社やボストンのLife Aliveなどの地元のレストランと提携しています。

Claimの初期結果は有望であり、プラットフォーム上のパートナーのうち1社は予想よりも短い期間で新しい顧客目標の97%に達し、もう1社は30日間で35%のリピート率を獲得しました。

Claimは、真正性に興味を持っており、広告に疲れた「Gen Z」を対象としているため、その全ユーザーベースもGen Zに焦点を当てています。特に最近のソーシャルメディア上の投稿のほとんどがスポンサー付きであるように見えるという理由からです。このスタートアップは、全国展開する前に、現在1万人以上のユーザーがいるボストンでのテストを続けたいと考えています。

新しい資金調達に関しては、同社は1年以内に新しい才能を採用し、8人のチームを拡大する予定です。Claimはまた、新たな市場への拡大前に、エンジニアリングの観点からのテストと学習に重点を置くために、資金調達を活用する予定です。

このスタートアップのシードラウンドは、Susa VenturesとBox Groupを主導した未公表の200万ドルのプリシードラウンドに続くものです。Claimの資金調達には、6th Man Venture、Reflexive Capital、A* Capital、GSW Ventures、The Kraft Groupなどが参加しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments