木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【黄金期到来!】インドのロジスティクスユニコーン、Xpressbeesが8,000万ドルの資金調達

【黄金期到来!】インドのロジスティクスユニコーン、Xpressbeesが8,000万ドルの資金調達

Xpressbeesは、インドの数多くの電子商取引企業と協力している物流会社であり、同国のオンラインショッピング活動の急増に伴い、オンタリオ・ティーチャーズの後期成長段階ベンチャー成長ファンドを主導とする新たな資金調達ラウンドで8,000万ドルを調達しました。

このカナダの年金基金は、プネを本拠地とするスタートアップにおける1.4億ドルの評価額で株式を取得しました。すでにスタートアップがシリーズFトランチで調達した評価額と同じです。最新の投資ラウンドにより、Xpressbeesの累計資金調達額は約6億8000万ドルに達しました。ラウンドの名称は公表されず、新たな調達額のうちどれだけがセカンダリートランザクションで行われたかを開示していません。

Xpressbeesは、マレーシアの主権国家ファンドKhazanah、TPG、アリババ、ブラックストーンなどをバッカーにもち、金融および電子商取引サービス大手Paytm、ソーシャルコマーススタートアップMeesho、眼鏡販売業者Lenskart、携帯電話メーカーXiaomi、オンライン薬局NetMedsなど、1,000以上のクライアントと協力して製品を全国各地に配送しています。

同社は2,000以上の都市と町に拠点を有し、1日あたり250万以上の注文を処理しています。赤字のスタートアップは、2021年3月期に約3億ドルの収益を計上しました。カナダの年金基金の参入は、Xpressbeesが1〜2年以内に新規株式公開を準備していることを示しています。

Xpressbeesは、2012年にベビープロダクトの電子商取引企業FirstCry内でスタートしました。しかし、2015年にはFirstCryから独立した企業となりました。FirstCryの共同設立者および最高執行責任者であるAmitava SahaがFirstCryを離れ、Xpressbeesの最高経営責任者に就任しました。また、FirstCryの共同設立者で最高経営責任者を務めるSupam Maheshwariは、Xpressbeesのもう1人の共同設立者です。

オンタリオ・ティーチャーズのDeepak Daraは、「インドの電子商取引を含むさまざまな産業の多様な顧客基盤のニーズに応えるエンドツーエンドの物流および供給チェーンソリューションの市場機会に興奮しています。」と述べています。「強力なチームに率いられ、Xpressbeesは高度にスケーラブルで効率的なアセットライトモデルを確立し、実績のある実行力を持っています。」

オンタリオ・ティーチャーズはこれまでにインドに30億ドル以上を投資しており、「重要な戦略的な」国の1つと位置付けています。

Xpressbeesは、DelhiveryやShadowfaxなどの上場企業やスタートアップと競合しており、ShadowfaxはTPG NewQuestが主導するラウンドで約6000万ドルを調達する交渉の最終段階にあるとTechCrunchが以前に報じました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments