火曜日, 12月 12, 2023
ホームスタートアップ【注目の取引所上場!】Honasaがママアースを公開トレード開始

【注目の取引所上場!】Honasaがママアースを公開トレード開始

>安田美容製品ブランドMamaearthの親会社であるHonasa Consumerの株価が、多くのインドのスタートアップが自社のIPOを評価する中で注目される公開上場の際にわずかに上昇しました。

パンデミック後にその需要が急増したため、7年前に設立されたMamaearthは、デビュー取引の初日である火曜日の終値がインドルピー(₹)で337.50ドル(約4ドル)で、上場価格である324インドルピー(約3.89ドル)を上回りました。同社の時価総額は現在13億ドルです。

このスタートアップは、2022年初頭に12億ドルの評価を受け、Peak XV Partners、Fireside Ventures、Stellaris Venture Partners、Sofinaなどの支援者を抱えています。さらに、Abu Dhabi Investment Authority、Fidelity、Norges Bank、Invesco、Goldman Sachsなど、アブダビ投資公社やノルウェー中央銀行などの30以上の資産管理会社から先行ラウンドで約9200万ドルを調達しました(デビュー時の上場価格によれば、Peak XVはMamaearthへの投資で10倍以上のリターンを達成しました)。

「Mamaearthのシードラウンドが発表されてからわずか5年余りが経ちましたが、その会社が今日上場するとは。これは信じられない速さでの成長(および消費財 / ブランド企業としての上場までの時間)です!」とインドのベンチャーキャピタルファームであるBlumeのパートナーであるSajith Paiは述べています。「ラウンドが発表された当時、同社の実績は約15億ルピーであり、投資後の価値は約10億ルピーでした(売上高から価値を算出すると約7倍)。現在の売上高は400億ルピーで、上場価格の評価は依然として70倍!興味深いのは、シードの倍率がIPOの倍率よりも高くなることが期待される点です」

夫婦起業家であるVarun AlaghとGhazal Alaghによって設立されたHonasaは、6つの異なるブランドポートフォリオを運営しています。その中でも同社の同名の主要ブランドであるMamaearthが2023会計年度の約80%の収益を占めています。また、HonasaはThe Derma Co、Aqualogica、Ayugaを運営しており、さらにBBluntやDr Shethのような企業を買収しています。

Mamaearthのビジネスは、同社が独自の製造IPを持たない第三者製造に依存しています。同社の製品は、オムニチャネルネットワークを介して消費者に届けられており、直販とECを含むオンライン販売が約18600の郵便番号に対して総売上高の59%を占めています。販売の36%を占めるオフラインチャネルは、伝統的な販路とモダンな販路、専門店、BBluntのサロンなどが使用している、154,000の小売店舗で販売されています。

2023会計年度においてMamaearthの売上高は約170億ドルであり、そのうちオンラインチャネルが約56%を占めています。同社の粗利益率は70%、調整後のEBITDA利益率は3%を維持しており、オフライン販売は売上高の36%を占めており、会計期間中に増加しています。

Mamaearthが上場を検討する中、ほかにも約12のインドのスタートアップが市場状況を注意深く観察しています。Mamaearthは当初、公開デビュー時に30億ドルの評価を目指しましたが、後に市場状況の悪化を受けて目標を短縮しました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments