木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【ビジネス界の革命!】1兆円の価値を持つB2Bリベート管理プラットフォーム"Enable"が登場

【ビジネス界の革命!】1兆円の価値を持つB2Bリベート管理プラットフォーム”Enable”が登場

町に新たなユニコーンが現れました。その名前はEnableです。

Enableは、リベートマネジメントプラットフォームであり、本日、シリーズDの資金調達で1億ドルの評価額で1億2000万ドルを調達したことを発表しました。このラウンドにはLightspeed Venture Partners、Menlo Ventures、Norwest Venture Partners、Insight Partners、Sierra Venturesが参加し、Enableの総調達額は2760万ドルとなりました。

Enableは、メーカー、流通業者、小売業者といった企業がビジネス間(B2B)のリベートを追跡するために利用できるプラットフォームを提供しています。

企業は、顧客が特定の基準を達成した場合、例えば一定の総支出に到達したり、製品のコレクションを購入したり、顧客から紹介を受けた場合にB2Bリベートを提供することがよくあります。課題は、これらの基準や購入者の進捗状況に関する記録や設計を維持し、顧客が受けるべきリベートをすべて受け取ることを保証することです。

Enableは、アンドリュー・バット共同創業者兼CEOとデニス・ショートが2016年に共同創業した企業で、B2Bリベートのディールとインセンティブデータを提供し、債務と回収金額、顧客契約の状況などに対する洞察を提供しています。

Enableを使用することで、企業は顧客とのリベート関連のディールを共同執筆、提案、実行することができます。プラットフォームはまた、パートナーや購入者とのリベートの作成と交渉を中心とした自動化されたワークフロー、監査ツールも提供しています。

バットは、「Enableは取引パートナーがB2Bリベート契約を一箇所で管理できるようにする」と説明しています。「私たちは取引関係の両側のための記録システムとなります」とも述べました。

バットは、2010年にSovereign Capitalに売却した資産管理のソフトウェアサービスベンダーであるEnable Informatixでの経験を含め、B2B市場での経験からEnableを立ち上げることに着想を得たと述べています。

「Enableは、メーカー、流通業者、小売業者の財務結果におけるリベートの重要性を考慮して、リベート管理で始まりました;リベートは再販用の供給チェーンでの通貨となっています」とバットはTechCrunchへの電子メールインタビューで述べています。「当時、リベートプログラムの状況を追跡する最も一般的な方法はExcelでしたが、今でもそれが残っています。通常、財務および営業チームを起点に、Enableはデータと洞察、予測、より強力な機能を備えた、データ複雑性をより良く管理するための支援を提供しています」と述べました。

バットは、Enableの今までの成功を顧客の「収益と利益成長への焦点」に帰すると述べています。これは安全かつ公平な回答ではありますが、最近のスタートアップの拡大を判断すると何かしらの要素があるかもしれません。バットは、最近10,000以上のブランドを獲得した顧客基盤を背景に、Enableの売上高が過去4年間で毎年倍増していると主張しています。

「過去数年間に供給チェーンが問題に直面しているにもかかわらず、われわれの顧客は、契約条件を透明に理解し、インセンティブを集める能力により、収益と利益を増やし、リスクを軽減し、コストを削減し、顧客ロイヤルティを向上させています」とバットは述べています。

それでは、次にEnableはどこで成長するのでしょうか?最近の動きがヒントを示しています。

昨年12月、EnableはProfectus Groupのリベートディール管理プラットフォームとチームを買収し、オーストラリアの既存顧客をサポートし、Profectusの監査とコンプライアンス技術を自社の顧客に導入しました(その代わりにProfectusはEnableの少ない株式を取得しました)。そして最新の資金調達に向けた数ヶ月の間に、Enableは特別価格協定(企業の単一製品の割引など)のサポートを開始し、在庫リベート会計を追加し、企業が在庫のリベートの価値を理解できるようにしました。

Lightspeed Venture Partnersのパートナーであるアーシャム・メマルザデッドは、Enableの軌道について次のように述べています。

「われわれは2022年半ばにEnableに投資をしたのですが、ソフトウェア市場は困難な年でした」とメマルザデッドは電子メールで書いています。「しかし、市場のほかの誰もが予想を下げている中で、彼らだけは予想を上げました。彼らのパフォーマンスは、彼らの製品が即時の投資リターンをもたらし、市場に未だに満たされていないニーズがあることの結果です。結果に感銘を受けた一番の理由は、彼らのネットワークの力です。新しいEnableの顧客ごとに、すべての顧客がサプライチェーン全体で取引契約に協力できる能力が向上します。ネットワークが昨年形成されたことを受け、われわれはパートナーシップを倍増し、さらに深めることに興奮しています。」

バットは、シリーズDから得た収益を使ってEnable(はい)が「共同製品をより迅速に構築するために投資」し、「市場のニーズに応えるためにチームを拡大」すると述べています。具体的には、サンフランシスコを拠点とするEnableは、年末までに従業員数を550人から600人に増やす計画です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments