木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【給与計算が一発解決!】Payroll Integrationsが2億ドル調達、従業員の財務健全性向上を実現

【給与計算が一発解決!】Payroll Integrationsが2億ドル調達、従業員の財務健全性向上を実現

>雇用主は、従業員の満足度を高め、離職を防ぐために、様々な特典や福利厚生を提供することが増えています。そして、ファイナンシャル・ウェルネスの支援がトップのリストに近いことは広く知られています。利上げやインフレが人々や企業に負担を及ぼしているため、例えばAmazonデルタ航空などの企業は、従業員の支援のためにファイナンシャル・ウェルネス・プログラムを開発しています。

Payroll Integrationsは、雇用主が従業員のファイナンシャル・ウェルネスをサポートする方法を提供するスタートアップの1つです。このサンディエゴに拠点を置く企業は、2016年にダグ・サベラとアンドリュー・ハレングレンによって設立されました。

ハレングレンは以前、福利厚生の領域で働いていた登録投資顧問であり、そのセクターには自動化が不足していることに気づきました。当時Salesforceで働いていた古い友人のサベラに連絡を取り、どこに問題があるのかを見極めました。Payroll Integrationsは、TechCrunchに語ったとおり、継続的な議論から生まれました。

この7年間、彼らは上位の給与支払い会社と統合し、給与と福利厚生の自動化のための直接的な双方向の連携を提供するためのインテグレーション・プラットフォームとしての技術を構築しました。

Payroll Integrationsの独自の技術は、これらの給与支払い会社から従業員の人口統計データと給与データを取り込みます。それから関連データを構造化された、使用準備ができた形式に変換し、雇用主が給与と退職金、健康貯蓄口座、その他の福利厚生計画を接続できるようにします。しかしその際には、通常は毎給料期間ごとに給与と人口統計の変更を追跡する手動プロセスは必要ありません。

彼の会社をMerge WorldFinchなどと比較すると、サベラは、後者はより開発者に特化していると言いますが、Payroll Integrationsは、従来存在しなかった福利厚生提供者と大企業組織のコミュニケーションを提供しようとしています。

「今はこのコンセプトと領域全体に非常に多くの興味があります」とサベラは語ります。「そのため、この領域にたくさんのプレイヤーが出現しているのを目にします。私たちは非常に興味深いニッチを確立し、大成功を収めていると考えています。」

実際、Payroll Integrationsは大きなグループの中にあります。ファイナンシャル・ウェルネス・ベネフィット市場は既に200億ドルと評価されており、2032年までに世界で70億ドルに達する見込みです。これにより、他のスタートアップやベンチャーキャピタルもこの分野に参入しています。例えばMinuHoneyBeeAddition WealthOriginなどは、従業員福利厚生にファイナンシャル・ウェルネスを取り入れるために過去3年間でベンチャーキャピタルを調達しました。

一方、Payroll Integrationsは、ADP、Paychex、Empower、Transamericaなどの給与支払いと401(k)のプロバイダーと統合しています。また、年間4,000以上の企業で1百万件以上の従業員福利厚生の処理を達成しました。Payroll Integrationsはまた、昨年の収益を3倍に増やし、ブートストラップ予算を展開しながら、2024年と2025年にその勢いを維持することをサベラは期待しています。

今日、その成長とアプローチのために、同社はアーサー・ベンチャーズという成長エクイティ・ファームをリードインベスターとして、2000万ドルのシリーズA調達を発表しました。

アーサー・ベンチャーズのジェネラルパートナー、ライアン・クルイゼンガはインタビューで、「Payroll Integrationsは、弊社の投資テーゼである成長の高いB2Bソフトウェア企業にぴったりとフィットしている」と述べました。「ベンダー向けのスムーズな統合プラットフォームを開発している人はあまりいないですね。サンディエゴの中小企業が大企業市場の8割に関与しているという点において、投資家としては非常に興味深いシチ

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments