木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【大胆な戦略転換!】Marketforceが3つの市場から撤退

【大胆な戦略転換!】Marketforceが3つの市場から撤退

ケニアのB2B電子商取引企業であるMarketForceは、アフリカの5つの市場のうち3つでの運営を停止し、ソーシャルコマースのスピンアウトの初期段階に入っていることが分かりました。MarketForceのスーパーアプリであるRejaRejaは、非公式小売業者(個人店舗)が流通業者や製造業者から消費財を直接注文し、資金を調達し、ソーシャルメディアチャンネルでの会話を売上につなげることができるもので、同社はケニア、ナイジェリア、ルワンダ、タンザニアで提供を中止し、ウガンダのみで利用可能となりました。

ただし、ケニアは引き続き同社の本社となり、MarketForceが構築しているソーシャルコマースのスピンアウトであるChpterの打ち上げ場として機能すると同時に、Tesh Mbaabu氏(MarketForceとChpterの共同創設者兼CEO)が変更を確認しながらTechCrunchに語ったところによれば、ウガンダは引き続き同社の拠点となります。

MarketForceの減速は、昨年に一部のベンチャーキャピタルがシリーズAの資金供給コミットメントを翻意したことにより始まり、同社は運営を縮小し、複数のレイオフを実施せざるを得なくなりました。資金不足は、資金調達が困難となったグローバルベンチャーキャピタルの停滞状況に乗じて発生しました。

キャッシュ不足と現在の市場状況により、MarketForceのような企業は成長に対するあらゆるコストを捨て、収益性に向けた道を追求したり、ブリッジラウンドを促進したり、低い時価評価で資金を調達することを余儀なくされています。MarketForceは最近、クラウドファンディングを通じて100万ドルを調達しました。

Mbaabu氏はTechCrunchとの以前の会話で、企業は需要密度の高い地域で収益性の高い事業を構築するために、リソースを再調整しており、収益性のないルートを閉鎖していると語りました。しかし、資産密集型のモデルは資本集約的であり、負債の増加に対処しなければならないため、同社は手詰まりになり、3つの市場で事業を終了することを決定しました。

Mbaabu氏は述べています。「収益性への道を進むことを決定した後、ウガンダは最も実績のある市場となりました。私たちは4つの主要メーカーと独占的な販売代理店契約を結んでおり、マージンもより良いため、そこでは総収益性の高い運営が可能です」と。

最新の変更により、ウガンダのカントリーマネージャーであるDennis Nyunyuzi氏がマネージングディレクターに昇進し、RejaRejaの運営を担当することになります。情報は投資家と共有され、TechCrunchが確認しました。

RejaReja小売マーケットプレイスは、MarketForceの発案であり、公式市場向けのSaaS製品として2020年にローンチされました。非公式の商人や個人店舗がメーカーや流通業者から商品を翌日配送で直接注文することができると同時に、取引履歴に基づいた融資にもアクセスできます。同社は、在庫切れ、収益不安定性、取引の拡大に向けた資金調達の不足など、これらの小売業者が直面する課題を解決しようとしていました。

しかし、MarketForceは大陸の非公式小売業セクターをターゲットにする予定でしたが、このセクターはサブサハラアフリカの家庭内取引の約80%を占めており、Mbaabu氏によれば、ケニアやナイジェリアなどの市場ではマージンが低く、運営コストが高く、競争が厳しいため、縮小せざるを得なかったとのことです。「より収益性が高く、マージンが大きいセグメントを模索しているため、ソーシャルコマースへの展開を決定しました」とMbaabu氏は述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments