木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【上場前の巨大資金調達!】Mamaearthが9.2億ドルを調達、アディア・ノルウェーをはじめとする大口支援者を獲得

【上場前の巨大資金調達!】Mamaearthが9.2億ドルを調達、アディア・ノルウェーをはじめとする大口支援者を獲得

Honasa Consumerは、スキンケアとパーソナルケアブランド「Mamaearth」の親会社であるが、このインドのスタートアップは現地の公開市場での需要をテストしているという意味で、火曜日から始まるIPOの前に、92百万ドルを調達した。

アブダビ投資庁、ファイデリティ、ノルウェー中央銀行、インベスコ、ゴールドマン・サックス、CDPQ、ホワイトオーク、フランクリン・テンプルトン、コタック、DSP、カルミニアック・ジェスチオン、ルーミス・セイルズ、マシューズのグループなど、3ダース以上の資産運用会社がアンカーブック経由で株式を購入したと、Honasaが月曜日の遅い時間に発表した。

このインドのスキンケア商品を製造・販売しているMamaearthは、インドの相場デビューで204.3百万ドルを確保することを期待しているが、このうちほぼ半分をインドの多くの投資信託が購読した。

Peak XVパートナーズとSofinaをバッカーに持つMamaearthは、火曜日に3.7ドルから3.9ドルの価格帯でIPOを行う予定である。

Honasaは、Mamaearth、The Derma Co.、BBluntなどを含む6つのブランドを有する。同社は、強力なオムニチャネルディストリビューションネットワークを通じて運営されている。Mamaearthは、インドの主要なデジタルファーストBPC企業の一つとして、D2Cと電子商取引のチャネルを通じて約18,000の郵便番号にサービスを提供している。また、国内の約113,000のFMCG小売店においてもその存在感を大幅に拡大している。

他の約12のインドのスタートアップ企業も、自身のIPOのタイミングを評価しながら、市場状況を注意深くモニタリングしている。

「市場状況の改善に伴い、H1/H2CY24にインターネットIPOが予想される。多くの大型インターネット企業は資金調達を即座に必要とする可能性が低く、資本金が豊富である」と、AllianceBernsteinのアナリストは最近のレポートで述べている。

「先週発表されたIPOには、OyO Rooms(ホテル、住宅の集約)とIndegene/Tata Tech(ITサービス)が含まれる。また、2024年にはReliance Retail、Flipkart、Swiggyなどの潜在的なIPOがあり、時価総額に約1500億ドルを追加することが予想される」と述べた。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments