木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【次世代のデータ解析がついに実現!】Modal Labsが1億6000万ドル調達

【次世代のデータ解析がついに実現!】Modal Labsが1億6000万ドル調達

>Modal Labsは、データチームやアプリ開発者向けにクラウドベースのインフラを提供するプラットフォームであり、特に生成AIアプリケーションを作成している人々を対象としています。このプラットフォームはRedpoint Venturesをリードとし、Amplify Partners、Lux Capital、そしてDefinition Capitalも参加したシリーズAの資金調達で1600万ドルを調達しました。

今回の資金調達により、Modalの総調達額は2300万ドルになります。共同創業者兼CEOのErik Bernhardsson氏によると、この資金は主に採用に使われる予定です。Modalは現在の14人の従業員から今年末までに17人に成長し、特にソフトウェアエンジニアの採用に力を入れる予定です。

Bernhardsson氏は、データチームの構築とリーダーシップの経験を積んだ後、2021年にModal Labsを立ち上げました。彼はSpotifyで音楽推薦システムの構築に貢献しました。その後、彼はファイナンステック企業Better.comのCTOになりました。

Bernhardsson氏がBetter.comでの経歴を聞いたとき、正直なところ、レポーターとしては少し驚きました。Better.comは、ミス管理のレイオフ、現在および元従業員への悪い扱い、財務のミスステップ、そして高位幹部の離職などの歴史があるからです。ただし、Bernhardsson氏はそれらの意思決定が行われる前に会社を離れたと主張しています。

どんな事情があるにせよ、2021年にBetter.comを退社した後、Bernhardsson氏は、大規模組織に直面する多くの課題を解決するのに十分なデータエンジニアリングツールの現在の状況が適切ではないと考えるようになりました。彼は解決策を模索し始め、2022年初頭までに700万ドルのシードラウンドを調達し、小さなチームを雇いました。

今日のModalは、データチームやエンジニアが必要なインフラの設定や構成をせずにクラウド上でコードを実行できるようにするものです。Rustでコーディングされたカスタムビルドのコンテナシステムを使用することで、Modalのプラットフォームはわずか数秒で数百のGPUにスケールすることができますとBernhardsson氏は主張しています。

開発者はコードでコンテナ画像(アプリを実行するために必要なソフトウェアのパッケージ)とハードウェアの仕様を記述します。使用した計算能力のみを支払い、リアルタイムのログやメトリクスを表示する観測可能性のダッシュボードが提供されます。

Bernhardsson氏は、「ディープラーニングモデルをGPU上で展開するような最近の需要により、データとAIはソフトウェアスタックのますます重要な要素になっています」と述べています。「Modal Labsは、このコアオファリングをさらに発展させ、データチーム向けのエンドツーエンドのテックスタックを作り続けることを目指しています。」

Modalはベータから一般提供に移行しましたが、まだ初期段階です。また、競合他社もおり、最近エンタープライズ層を導入したGoogle Colabがその一例です。

それでも、SubstackやRampなど、少なくともいくつかの有名ブランドがModalを採用しており、大規模データプロジェクトやAIパワード音声書き起こし機能の実行にこのプラットフォームを活用しています。

TechCrunchに詳しい情報を知る筋によれば、Modalの月間収益は「6桁」に達しており、若手スタートアップとしては健全な状況です。

「データチームが現在頼りにしているツールのスイートは断片化され、使い勝手が悪く、複数の異なるツールとプラットフォームを組み合わせる必要があります。これにより生産性が低下し、最終的にはコストが上がります」とBernhardsson氏は述べています。「Modalは、自分たち自身のインフラを管理する手間をかけずにクラウドでコードを実行できるようにすることで、このエリアでアプリケーションを開発しているスタートアップを支援しています。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments