月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【革命の予感!】SuperOpsAIが市場を震撼させる!

【革命の予感!】SuperOpsAIが市場を震撼させる!

多くの企業、特に中小企業(SMB)は、自社のITインフラの維持負担を軽減するために、第三者のITプロバイダーに頼ることがあります。これをマネージドサービスプロバイダー(MSP)と呼び、彼らはクライアントにとって生活をより楽にする一方で、自身のさまざまな問題に取り組む必要があります。その問題には、複雑なワークフローを生み出す断片化したテクノロジーツールや、顧客への対応に費やす時間を削り、利益を減少させる可能性があります。

SuperOps.aiによると、同社のクラウドネイティブな統合プラットフォームは、8つの別々のツールを置き換えるほどのIT管理の効率化を実現しています。サンタモニカに拠点を置くこのスタートアップは、AdditionとMarch Capitalをリードとし、Matrix Partnersも参加したシリーズBの資金調達を本日発表しました。この資金は、SuperOps.aiのプラットフォームにさらなるAI機能を追加するなど、研究開発に使用されます。これにより、MSPがクライアントの問題を事前に予防し、時間を節約できるようになる予測インテリジェンスレイヤーなど、さらに多くのAI機能が追加されます。

今回の資金調達により、SuperOps.AIの2020年の設立以来の総調達額は2940万ドルになりました。同社によると、過去12か月間で顧客成長率は300%だとしています。

SuperOps.aiの共同設立者であるArvind Parthiban氏とJayakumar Karumbasalam氏は、20年以上にわたりテクノロジープロダクトの開発に取り組んできました。最初はMSP向けのソフトウェアに焦点を当てていましたが、20年後になり、彼らは再びMSP向けテクノロジースペースを見直す中で「技術全体は大きく進歩してきたが、MSP向けのテクノロジーは停滞してしまっている」と気付きました。Parthiban氏はTechCrunchに対して「ほとんどのツールはオンプレミス時代向けに作られており、非効率で使いにくいものになっています。既存のレガシープレーヤーの多くも隣接するツールを買収し、それらをつなぎ合わせた結果、効率的で使いやすいソリューションではなくなっています」と語っています。

MSPはサービスデスクやチケティング、請求書作成、見積もり、契約管理などのために、Professional Services Automation(PSA)を含む複数のツールを必要とします。さらに、MSPはリモート監視および管理(RMM)ツールも必要とし、クライアントデバイスをリモートで監視し、問題を修正することができます。さらに、MSPはITのドキュメンテーション、プロジェクト管理、ネットワーク監視も必要とします。これにより、MSPは自身の業務を遂行するのが困難になることがあります。なぜなら、ツールのコレクションが互いに連携しない場合、問題解決時にタブと文脈を切り替えなければならず、時間を費やすことになるからです。

Parthiban氏とKarumbasalam氏は、MSPの頭痛を軽減し、効率的な作業を支援するために統合プラットフォームを作成する機会を見出しました。450人のMSPとの対話を通じて開発されたSuperOps.aiは、自動化を主導とする統合PSA-RMMであり、組み込まれたITドキュメンテーション、プロジェクト管理、最近発表されたネットワーク監視機能を備えています。

Parthiban氏は、SuperOps.aiのプラットフォームが約8つの別々のツールを置き換え、誤報を排除するAI機能を持っていると述べています。SuperOps.aiのAIが発展するにつれ、タスクの自動化がさらに進み、多くの問題が解決されると彼は付け加えました。MSPが運営およびクライアントサポートに必要なすべてのデータと情報が一つのプラットフォームにあるため、SuperOps.aiはチケット内で修正が必要なアセットに直接移動するなどの操作が可能になります。

SuperOps.aiは、さまざまな種類のMSPおよびITチームにサービスを提供していますが、一般的には収益と利益を向上させたい成長志向のビジネスを対象としています。これには、5人未満のチームを持つ小さいMSPや、複数の都市にオフィスを持つより成熟したプロバイダーも含まれます。「彼らの中には、修理業者のようなショップもあれば、顧客に対する包括的なITインフラ監視と管理サポートも提供している他の業者もあります。私たちがサービスを提供するビジネスのほとんどは、従来のテクノロジープロバイダーによるサポートが不十分な中小企業です」とParthiban氏は述べています。

SuperOps.aiがビジネスを改善するためにどのように利用されたかの例として、英国に拠点を置く33歳のMSPであるSelectgroupの事例があります。SelectGroupのディレクターであるMatthew Fenton氏は、DattoやSyncroといったレガシーツールへの依存をやめたかったと述べています。Fenton氏は、SuperOps.aiのベータ版にサインアップし、リモートデスクトップ制御が開始された後に参加しました。その後すぐ、Fenton氏は設定変更のために6つのコンピューターに接続する必要がありました。SuperOps.aiがなかった場合、彼は数時間をかけてカスタマーサーバーに接続し、サーバーからローカルコンピューターにDNCを使用する必要があったと言います。そのプロセスのほとんどが電話で行われ、他の作業や顧客への対応にほとんど時間が割かれてしまったのです。しかし、SuperOps.aiを使用することで、Fenton氏は6つのコンピューターにリモートで接続し、その後リモートアクセス用のSuperOps.aiの統合ツールであるSplashTopを使用して設定を変更することができました。

SuperOps.aiは、Kaseya(およびKaseyaが所有するDatto)、ConnectWise、NinjaOne、Syncro、Ateraなどの既存の競合他社と競合しています。Kaseya、Datto、ConnectWiseなどは長年にわたって存在しています。Parthiban氏は「これらの会社は通常、プラットフォームを断片的に構築したり、小規模なプレーヤーを買収してこれらの別々のツールを組み合わせようとしたりしています」と述べています。

SyncroやAtariなどの新興プレーヤーについては、Parthiban氏は「それらの提供物はSuperOps.aiよりも複雑で理解しにくい」と述

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments