金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【ビジネスの革命!】Apronが1.5億ドル調達、請求書処理を簡単にする革新的なソリューション

【ビジネスの革命!】Apronが1.5億ドル調達、請求書処理を簡単にする革新的なソリューション

ロンドンを拠点とするスタートアップApronは、Index Venturesをリードとし、Bessemer Venture PartnersとVisionaries Clubが参加するシリーズA出資ラウンドで1,500万ドルを調達したことを発表しました。同社は、請求書処理において小規模企業のサポートを目指しています。

具体的には、財務部門を持たない小規模企業と、特定のツールを使わずに請求書を追跡・支払いする企業を対象にしています。彼らは電子メールチェーンとオンラインバンキングポータルに重点を置いています。

まず、Apronはサービスとしてのソフトウェアを提供します。これにより、すべての請求書の中央リポジトリとして機能します。その後、CEOが大口の請求書を支払う前にレビューするためのルールやワークフローを設定できます。このスタートアップは、イギリスのオープンバンキングを利用しています。つまり、Apronで支払いを承認し、支払いは直接あなたの銀行口座から送金されます。

イギリスの企業は外国のサプライヤーに頼っていることがよくありますので、Apronは30種類の通貨で安全な為替レートで支払いをサポートしています。1回の支払いで従業員にも使えます。

Apronはまた、XeroとQuickBooksとの連携もしています。このプラットフォームでは、支払いと請求書を照合して、既に支払ったかどうかを簡単に確認できます。

「Apronは、会計士や経営者、サプライヤーなど、これらのユーザー全員に立場を置きます。ただ一つの視点からビジネスの支払いを解決しようとするのではなく、彼らがお金をできる限りスムーズに移動できる場所を作ります」とApronの創設者であるボグダン・ウズベコフは声明で述べています。「支払いを障害から活性化の手段に変えたいのです。簡単かつ安全に行えるだけでなく、喜びと満足感さえ与えるものです。」

ウズベコフは以前、英国の消費者向けFintech巨頭Revolutで働いていました。彼の新製品は過去6か月間、利用可能であり、すでに数百万ポンドが毎月Apronを介して処理されています。

中小企業向けに特別な商品として開発されたApronは、そこまで高価ではありません。利用は都度支払いと無料の購読料金のプランで始まり、サプライヤーへの支払いは1回あたり1.2ポンドです。大企業は月額利用料金を支払い、サプライヤーへの支払いは0.5ポンドに削減できます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments