金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【クラウド上に舞い降りたオープンソースのDatadogライバル!】6.5億円の投資を獲得したSignoz

【クラウド上に舞い降りたオープンソースのDatadogライバル!】6.5億円の投資を獲得したSignoz

>すべての企業は、常套句として言われるように、現在ソフトウェア企業です。つまり、すべての企業はアプリとインフラ内部で何が起こっているかを理解する必要があります。

わずかな遅延で、新規顧客のオンボーディングが成功するかどうかが分かれます。

これが、「観測可能性」という概念の重要性が問われるところです。観測可能性とは、メトリクス、ログ、トレースを含むテレメトリデータを使用して、システムの内部状態を測定するソフトウェアモニタリングのアプローチのことです。観測可能性は、ソフトウェアが既に配信されており、バグや障害が最も顕著な影響を持つ「本番」の段階で問題を見つけることに関わります。

観測可能性は、Datadogなどの大手企業(市場価値280億ドル)や、Chronosphereなどの新興企業が、10億ドル以上の評価額で大量の投資を集めるなど、大きなビジネスになっています。要するに、アプリパフォーマンスモニタリング(APM)の需要は高まっていますが、企業はより中央集権的で柔軟性のある解決策が必要な場合もあります。それが新興スタートアップのSigNozが取り組んでいる問題です。

SigNozは、テレメトリデータを収集するための複数のAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)やSDK(ソフトウェア開発キット)からなるオープンソースのフレームワークであるOpenTelemetry(OTEL)上に構築されています。OpenTelemetryのSDKを活用することで、開発者はアプリケーションと関連するインフラストラクチャからSigNozにデータ(メトリクス、ログ、トレースを含む)を送信できます。

例えば、SigNozを利用するECサイト企業は、顧客が製品リストページの読み込みに時間がかかりすぎる原因を測定して特定することで、その遅延の理由をより良く理解することができます。具体的なAPIを調べることで、曖昧なデータベースの呼び出しのような原因を特定することができます。

SigNozの共同創設者兼CEOであるPranay Prateek氏は、TechCrunchに対して「アプリ内にメトリクス、ログ、トレースが含まれているので、ユーザーは数回のクリックでメトリクスからトレース、トレースから関連するログにシームレスに移動することができます。これにより、ユーザーは問題をはるかに迅速に解決することができます」と説明しています。

Datadog、New Relic、Chronosphereなどの大手プロプライエタリ企業のほか、数多くのプレイヤーが最近ではオープンソースの観測可能性領域に参入しています。これには、メトリクス、トレース、ログ用の異なるモジュールを切り替える必要があるGrafanaや、GitLabに買収されたOpstraceなどが含まれます。

SigNoz自体は、高速アナリティクスとデータウェアハウスのために設計されたオープンソースのカラム型データベース管理システムであるClickHouseを基にしています。これにより、伝統的なリレーショナルデータベースと比較して効率的でコスト効果の高い運用が可能となります。列単位でデータを格納することで圧縮が可能になり、ディスクの入出力処理が最適化されます。要するに、ストレージとクエリ処理の時間を短縮できます。

Prateek氏は、「開発者は高額な価格、遅いデータの取り込み、古いAPMベンダーが提供していない機能に悩んでいます」と述べています。

資金獲得の報告

SigNozは本日、SignalFireをリードとする出資ラウンドで新たに540万ドルを調達したことを発表しました。このほか、Uncorrelated VenturesやAlumni Ventures、GitHubの共同創設者であるTom Preston Wernerといった複数のエンジェル投資家も参加しました。さらに、SigNozは2021年のY Combinator(YC)への参加を経て、SignalFireといくつかのエンジェル投資家を含む過去に公表されていない110万ドルを調達したと明らかにしました。

そのニュースに伴い、SigNozは新たなクラウドサービスの立ち上げも発表しました。これにより、SigNozの展開における重要なタスクをいくつか軽減できるようになります。

Prateek氏は「SigNozの利用に興味があるユーザーが多く、自らホスティングすることを望まないユーザーも多いことから、SigNozのクラウドサービスの提供は自然な選択でした」と語っています。

こうして、SigNozのビジネスモデルは、他の数多くの商用オープンソース企業と同様であり、ログ管理、インフラストラクチャモニタリング、SSOなどが備わったチーム向けのホステッドSaaSモデルと、さらにサービスレベル契約やカスタムインテグレーションのオプションを提供するエンタープライズ向けの層があります。また、厳しいデータプライバシー要件を持つ企業向けにオンプレミス展開も可能です。

SigNozは、

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments