木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【企業員のウェルネスを民主化!】キンハブの内部に迫る

【企業員のウェルネスを民主化!】キンハブの内部に迫る

Erika Brodnockさんは自分自身を常識から外れた考えを持つ人物と表現しています。そのことは驚くことではありません:彼女の父は創業者であり今や彼女自身もDEI(多様性、公平性、包括性)の学術研究者です。初期の段階からBrodnockさんは変革が生み出されるという概念とデータが彼女を支えることを理解し運命に駆られてきました。

昨年、彼女は自身の情熱を取り組みに注ぎ込み、AIを活用して従業員のコーチングと福祉支援へのアクセスを民主化するためのロンドン拠点のB2B SaaSプラットフォームであるKinhubを共同設立しました。彼女はHelen YannakoudakisさんとJacob Herandiさんと共にこの会社を創設し、雇用主が労働力のニーズを調整できるよう支援しています。Kinhubは従業員に対して介護、妊娠、生活費の管理、少数派としての企業環境での対処などの状況に対するリソースを提供します。

Kinhubのオンボーディングプロセスでは、ユーザーに子供がいるか、更年期障害の経験があるかなどの個人情報を尋ねます。そこから、アルゴリズムはデータを収集し、そのユーザーの要望やニーズに対応するリソースを提案します。Kinhubは個別サポート、グループセッション、コーチングプログラムを提供するコンサルタントと連携しています。プラットフォーム上のコンサルタントには、性的指向、神経多様性、民族的バックグラウンドを持つ人々もいます。Brodnockさんは多様性に注意を払い、すべての従業員が共感できる人物を見つけられるようにしました。言い換えれば、誰も置き去りにしないようにしました。

彼女は「人々にサポートを提供するためにネットワークを作ることができれば、彼らがさまざまな人生の状況を乗り越えるための最良の状態で働くことができるようになる」と述べています。「企業としてオフィスにより多くの人々を呼び戻すことを望む場合、特定の日に私たちのコンサルタントを派遣しても構いません。例えば、夜中の3時に歯が生えて泣いている赤ちゃんがいる場合、それにアクセスするのがより便利な場合は、私たちがそこにいます」とも述べています。

Kinhubのチームは、人間の感情や緊急性を理解するジェネレーティブエージェントを構築するために使用する技術に関する特許出願を行っています。Kinhubは主に雇用主に販売されていますが、企業によって支払われる3人につき、Brodnockさんは低所得者の家族に無料でサービスを提供しています。これは「すべての人に平等をもたらす」国連の持続可能な開発目標への貢献の一環として行われました。

ただし、現時点ではKinhubはイギリスでの販売のみですが、Brodnockさんはアメリカ市場に進出することに強い関心を持っています。そのため、彼女は大西洋を渡って米国ディスラプトバトルフィールド200に参加するために飛び立つ予定です。Kinhubは現在、250万ドルのシードファンドを調達する過程にあり、既に数人の米国の投資家が交ぜるところです。「私たちは、人種的なイノベーションに対してやや寛容であり、職場の福祉の将来を支えることに対してより積極的な市場であると考えています」と彼女は述べています。

パンデミックの間、職場における福祉は重要な話題となり、世界的なメンタルクライシスを明らかにし、悪化させました。その結果、より多くの雇用主が従業員の福祉をさらにサポートする方法を見つけようとしています。アメリカでも、このような話題は同様に重要であり、公的医療保険が無料で提供されているイギリスとは異なり、医療費が非常に高額であるため、多くの人々がコーチングやメンタルリソースの存在を知らないし、それを使う余裕もありません。そして、それがKinhubがここにいる別の理由です。「人々は本当に私たちのサービスとサポートが必要です」とBrodnockさんは言います。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments