木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【日本初!】エクストリームなライブストリームショッピングでショッピング戦場

【日本初!】エクストリームなライブストリームショッピングでショッピング戦場

米国でのライブストリームショッピングは他の地域ほど人気がありませんが、その勢いは増しています。このショッピング方法が勢いを増す中、eStreamlyはビジネスが使用を望むプラットフォームとなる最新のスタートアップです。

同社は2021年に初めてローンチし、個人投資家から45万ドルを調達してきました。共同創設者のニコラ・バイアシェとスミタ・コンマレディは2018年のブロックチェーンハッカソンで出会いました。

バイアシェは小売販売の経験を持ち、コンマラディはソフトウェア開発の経験を持つ彼らは、「eコマースの中心に人をどうやって参加させることができるか」という問いに共感しました。次の2年間にわたりさまざまなテクノロジーを検討した結果、彼らは生の買い物可能なビデオにたどり着きました。

eStreamlyはその問いに対する彼らの回答であり、ウェブサイト、ソーシャルメディア、SMS、Eメールなどのプラットフォームを通じて、ライブストリームやビデオをショッピング可能にするためのビジネスツービジネスのビデオコマースソフトウェアを提供しています。

「ライブストリームはまだ人気が出てきていないのですが、私たちのクライアントと彼らのクライアントは大喜びです」とバイアシェはTechCrunchに語りました。「これは採用のカーブに関する問題だと思います。人々は10年間AIについて話してきましたが、ChatGPTが登場したときに「あっ」という瞬間がありました。ライブショッピングも同じでしょう。いずれ転換点が訪れるでしょう。」

2,000以上のeコマース企業と50以上のブランドとの対話を経た後、バイアシェは7月に白いラベルソリューションとしてeStreamlyを再ローンチしました。ビデオ内のチェックアウト機能を提供しています。

ほかのライブストリーミングプラットフォームとの違いは、ビデオが直接のeコマース拡張機能となり、マーチャントの支払い、在庫、製品、ユーザー管理とAPIを通じて連携されることです。

バイアシェとコンマレディはビジネスクライアントのために「phygital」という用語を活用しています。これは「物理的」と「デジタル」を組み合わせたもので、オフラインとオンラインの経験を融合させることを意味します。eStreamlyの場合、モールで働いているときにディスプレイ画面にビデオが表示され、最後にQRコードが表示され、顧客がそれをスキャンするとデジタルな体験につながる、とコンマレディは説明しました。

「私たちにはMVPがあり、さまざまなお客様やさまざまな業界で実験していました」とコンマレディは述べています。「現在では、さまざまなeコマースプロバイダーとの緊密な連携を持つとともに、決済プロバイダーやより大きなeコマースシステムとも連携しています。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments