日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【究極の戦場兵器!】アバンギャードクロリン殺菌剤の戦い

【究極の戦場兵器!】アバンギャードクロリン殺菌剤の戦い

私たちが塩素について考えるとき、ほとんどの人はプールを清潔に保ち、白い服からシミを取り除く化学物質を想像するでしょう。AvantGuardは、塩素を究極の表面保護剤に変えることができる再充電可能な化学物質として認識しています。

AvantGuardは、もともと2018年にHalomineとして設立され、コーネル大学から独立しました。同社は、窒素と塩素を最も一般的に結びつける有機化合物である「N-ハラミン」を利用しています。これらを組み合わせると、抗菌能力が可能になり、「微生物の死」ということです。

同社は、Cornell大学とAuburn大学の両方からN-ハラミン技術をライセンス供与しています。AvantGuardのCEOであるエドワード・”テッド”・イヴレス氏によれば、同社はこの技術に30年間取り組んでおり、2019年に同社に参加しました。

AvantGuardが一般的な塩素系消毒剤と異なる点は、ポリマー版を作っていることです。これにより、ハラミンを付着させたり、他の機能を追加したりして、タンパク質が付着しないようにすることができます。これにより、どんな表面でも抗菌表面にすることができます。

そして表面だけでなく、このポリマー版には水処理からにきびの治療薬、局所抗真菌薬、傷包帯や医療機器の被覆材など、数多くの用途があります。同社は市場への影響が700億ドル以上あると予測しています。

同社の初期製品は、247というスプレータイプの抗菌コーティングです。スプレーして乾かすと透明なフィルムが残ります。塩素系消毒剤と併用すると、塩素を表面に固定し、簡単に拭き取れなくします。また、このコーティングは布地などさまざまな表面にスプレーすることもできます。これがAvantGuardが傷包帯に使用する方法です。

イヴレス氏は言います。「病原体が表面に着地すると、病原体は死滅します。弊社は、グラム陰性、グラム陽性、および「エンベロープウイルス」に対するEPA(環境保護庁)のテストに合格した唯一の製品です。2時間以内に99.9% の除菌効果があり、このような被覆材は他にありません。」

現在、製品は四半期ごとに塗布する必要がありますが、AvantGuardがすべてのテストを終えると、その期間は年になる可能性があります。イヴレス氏は、247の規制承認が2024年初めに得られると予想しています。

同社は、国立衛生研究所、国立科学財団などから800万ドル以上の助成金を調達し、400万ドルの株式を調達しました。

一方、AvantGuardは医療機器会社との戦略的パートナーシップに取り組んでおり、抗真菌製品の開発に注力しています。特許の1つも今月中に正式化されます。同社は年末に資金調達の新ラウンドを開始する予定です。

イヴレス氏は言います。「耐性の生成の歴史がない、実証済みの殺菌剤を持っています。私たちのミッションは、すべての表面、肌を含めたすべての病原体に対する最初の防御線であり、口腔抗生物質は最も必要な時に予約することです。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments