金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【アフリカの電子廃棄物汚染に立ち向かえ!】AppCyclersが挑む

【アフリカの電子廃棄物汚染に立ち向かえ!】AppCyclersが挑む

ほとんどの電子廃棄物はリサイクルされていない。代わりに、私たちの捨てられたデバイス(および中に含まれる有害金属)は埋立地に積み重なり、空気を汚染し、近くの土壌地下水を汚染しています。

ガーナに拠点を置くAppCyclersは、アフリカ全体でこの危機に取り組むためのオンラインマーケットプレイスを通じて、個人や企業がリサイクル可能な電子廃棄物を買ったり売ったりできるようにすることを目指しています。このスタートアップは、「電子材料の再利用とリサイクルを最大限に活用する」という使命を掲げており、デジタルプラットフォームの運営を超えた活動を行っています。

共同創業者兼CEOのアグドール・アガバス氏は、「地域のリサイクルインフラが不足しているため、私たちは自ら回収せざるを得ない」と述べ、AppCyclersをアフリカ全体に拡大することを目指している一方で、同社はガーナに新しいリサイクルインフラへの投資も意図しているとTechCrunchに語りました。

そのため、AppCyclersは100,000ドルから250,000ドルの事前シード資金を募集しています。このスタートアップは、これまでに「自己資金調達、助成金、ピッチコンペティション」の組み合わせで20,000ドルを確保していると述べています。

TechCrunch Disrupt 2023Startup Battlefield 200企業であるAppCyclersは、リサイクル教育や電子廃棄物の分解機にも関与しています。これらの機械は、リサイクラーがゴムやプラスチックを銅や金などのより価値のある材料から分離するのを助けるものであり、絶縁材を焼き尽くすという方法の代替手段です。

AppCyclersは、写真から電子廃棄物の価値を特定するAIモデルの開発も進めています。「このアプローチにより、廃棄物の価格設定の手作業過程を自動化し、私たちのウェブプラットフォームを訪れる消費者がスムーズな体験を得られるようになります」とスタートアップはTechCrunchに語っています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments