木曜日, 4月 18, 2024
ホームスタートアップ【語学学習の新スタンダード!】Babbelがトゥーカンを買収

【語学学習の新スタンダード!】Babbelがトゥーカンを買収

>Babbelは、人気のある定額制の言語学習サービスである。本日、BabbelはToucanを買収したことを発表した。Toucanは、資金調達が十分に行われている言語学習のブラウザ拡張機能である。Toucanは、今年の初めに会社を解散したことが明らかになったが、そのサービスはオンラインで続けられることとなった。Toucanの共同創業者や従業員はBabbelに参加せず、BabbelはToucanの技術のみを購入する。Babbelは「Toucan by Babbel」という名前でToucanを運営し、アプリや他の言語学習リソースのエコシステムに統合する予定である。Babbelはまた、Toucanの有料サービスを無料版の拡張機能に移行させる。

Toucanは、ウェブサイト上で表示される単語を学習しようとしている言語への翻訳に置き換えることで、学習者が語彙を増やすことができるブラウザ拡張機能である。英語、スペイン語、フランス語、日本語、ドイツ語、韓国語、ポルトガル語、イタリア語、アラビア語、中国語(北京語)、ヘブライ語、ヒンディー語の学習に利用できる。Babbel自体は、北京語や日本語を含むこれらの言語のコースを提供していないが、Toucanではこれらの言語を引き続きサポートする予定であり、さらに将来的には他の言語も追加される可能性がある。

ウェブ拡張機能の収益化は困難であることがよく知られている。ToucanはChrome Web Storeで30万以上のダウンロードと4.7/5の評価を持っているが、それでもこれらの指標とおよそ3000万ドルの資金(シリーズAラウンドで2000万ドルが調達された)にもかかわらず、同社は利益を上げることができなかったことは明らかである。

Babbelには、Toucanが利益を上げる必要はないという利点がある。代わりに、Babbelのエコシステムにさらに多くのユーザーを導入し、既存の加入者にさらなる価値を提供するための紹介エンジンとして活用することができる。

Babbelの米国CEOであるJulie Hansenによれば、これにより、有料のBabbelサービスにまだ登録したくないユーザーとの接触を維持するためのフリーミアムのサービスも提供することができる。Hansenは、「プレミアムサービスであるため、私たちは変換に非常に焦点を当てていますが、ユーザーとの関係をより強固に築くために、ライフサイクルマーケティングにますます注目しています」と説明している。

長期的には、BabbelはBabbelアプリとToucanを統合し、有料ユーザーがよりターゲットにした形でToucanを活用して語彙を増やす予定である。

Hansenによれば、Babbelの昨年の収益は2億7000万ドルであり、2021年に比べて32%増加しており、今年も予算を上回っているという。

2021年にIPOを延期した際、BabbelのCEOであるArne Schepker氏は既に、同社は潜在的な買収対象を探している可能性があると述べていた。以前の買収である言語旅行サービスのLingoVenturaの結果はあまり良くなかった。新型コロナウイルスパンデミックのためその市場が閉鎖され、Babbelはそのサービスを廃止せざるを得なくなった。

(以下は引用されたコンテンツ:「Language learning app Babbel sold 1M US subscriptions this year, moves into language travel」と「Despite scrapped IPO, Babbel sees fast growth for its language learning service」のリンク)

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments