木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【驚異的なプロジェクト発表!】Plan Aが特許取得の炭素計算方法を発表し、エコ革命の先駆けとなる

【驚異的なプロジェクト発表!】Plan Aが特許取得の炭素計算方法を発表し、エコ革命の先駆けとなる

>Plan Aは、企業向けの炭素会計およびESG(環境、社会、ガバナンス)報告プラットフォームであり、米国のVC大手であるLightspeed Venture Partnersをリード投資家とするシリーズAラウンドで2,700万ドルを調達しました。

資金は、昨年発表された1,000万ドルのシリーズAラウンドの拡張部分であり、事実上の37,000,000ドルのシリーズAラウンドのクロージングとなり、創業6年間で調達総額は合計4,200万ドルになります。さらに注目すべきは、最新ラウンドにはVisa、Deutsche Bank、BNP ParibasのVC部門であるOpera Tech Venturesなど、企業界のいくつかの大手企業も参加していることです。

Plan Aの創設者兼CEOであるルボミラ・ヨルダノバは、TechCrunchに対して、「気候危機の緊急性と企業がゼロ排出に向けて航海する複雑さが、今、一流の投資家を引き寄せることが不可欠になった」と説明しました。

概要

2017年にベルリンで設立されたPlan A(『プランBなし』という気候行動のスローガンに由来)は、企業が炭素排出量を測定(および削減)するのを支援するために欧州で台頭したVCバックドのスタートアップの1つです。しかし、最も厄介な問題は、最善の意思を持っていても、企業が炭素排出量が具体的に何であり、サプライチェーン内のどこにあるのかを本当に把握する努力をしない限り、炭素排出量を削減することが困難であるということのようです。

ボストンコンサルティンググループ(BCG)の昨年の調査では、組織の90%が温室効果ガスの排出量を「包括的に測定していなかった」とされています。いつものことですが、企業がパートナー企業を巻き込んだサプライチェーンを通じた排出量に取り組まないという問題が主な障壁とされています。確かに、スコープ3は、企業が直接管理する排出量であるスコープ1と比較して測定が困難であるという面がありますが、組織がネットワーク全体で排出量に対処する必要性はますます高まっています。

これはいくつかの理由で重要ですが、主に多くの企業の炭素排出量はスコープ3の排出量で大部分を占めているためです。たとえば、コカ・コーラのボトリング・パートナーであるCoca-Cola European Partners(CCEP)は、自社の排出量の93%がスコープ3であると推定しています。

さらに、世界のエネルギー関連の二酸化炭素排出量は減少せず、2022年には0.9%増加しました。

ヨルダノバ氏は、「気候危機は主に排出量の増加で定義されており、最も急務で費用効果の高い選択肢は、特に企業において排出量を急速に減らすことです。」と述べました。

そのため、Plan Aは、自社のゼロ排出努力を自己管理できるSaaSベースの持続可能性プラットフォームを開発しました。これには、データの収集、排出量の計算、目標の設定、脱炭素計画などが含まれます。重要なことは、それがスコープ1、2、および3のすべての排出量データをマッピングし、グリーンハウスガスプロトコルやScience Based Targets Initiative(SBTi)などの国際的な科学的基準や方法論と整合させることです。

Plan Aのコア製品はWebアプリですが、BMW、Deutsche Bank、KFC、Visaなどを含む顧客は、ビジネストラベルソフトウェアやビジネスインテリジェンス(BI)ツールなど、さまざまなアプリケーションからのビジネスおよび排出データをAPIを介して直接Plan Aに接続することもできます。

現在、Plan Aはベルリン、パリ、ロンドンに合計120人の従業員を抱えており、ヨルダノバ氏は新しい採用を数多く行う予定だと述べました。

彼女は、「今回の資金調達は私たちの次の成長フェーズを告げるものです。新しい資本を得て、私たちはヘッドカウントを倍増し、フランス、英国、北

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments