木曜日, 4月 18, 2024
ホームスタートアップ【破綻か、再生か】Eコマース企業Benitagoが破産申請を受ける

【破綻か、再生か】Eコマース企業Benitagoが破産申請を受ける

>ベニタゴ グループは、Amazonのeコマース事業を買収する企業として知られていましたが、今週、破産を申請しました。この動きは、ニューヨークに拠点を置く同社が過去2年間で3800万ドルの資本と債務を調達した後に行われたものです。

破産申請によると、同社はアメリカのマンハッタンの破産法廷において債権者からの保護を求め、資産と負債を合わせて5,000万ドルから1億ドルの範囲内でリストアップしました。

ベニタゴ グループは2016年にベネディクト・ドーメンとサンティアゴ・ネスタレスによって設立されました。TechCrunchは最初に2021年3月に同社を紹介しました。そのとき同社は、Amazonのマーケットプレイスで販売されるために構築されたブランドを買収するために、資本と債務の両方で5500万ドルを調達しました。

2021年後半には、同社はさらに3250万ドルのシリーズAの資本と債務を調達し、CoVentureをリードに、会社のM&A部門などを開発するために使用する予定です。

しかし、2022年11月、ドーメンはTechCrunchに対し、噂とは裏腹に同社はまだ事業を継続していると語りましたが、14%の従業員を解雇することを余儀なくされました。削減は主にM&A部門で行われました。

破産申請時点でベニタゴは約750万ドルの現金を保有していましたが、ネスタレスは破産申請の一環として「パンデミック終了後の後半期に消費者の好みが変わった」と述べています。(出典:The Wall Street Journal

確かに、2021年には電子商取引の市場が急速に成長し、企業はこの攻撃的な勢いを維持し続けるために大量のベンチャーキャピタルを調達していました。

とはいえ、最近の電子商取引の成長は比較的停滞しています。また、第三者の電子商取引ブランドの攻撃的な買収は< a href="https://techcrunch.com/2022/09/22/keith-rabois-openstore-valuation-970m/">鈍化しています。また、アグリゲーター(集約業者)セクター内でも< a href="https://techcrunch.com/2023/05/31/sellerx-acquires-us-e-commerce-roll-up-rival-elevate-brands-in-an-all-share-deal-raises-64m/">統合が行われています。さらに、最近の数か月間ではこれらの種類の企業の中にベンチャーキャピタルが流れ込んでいる様子は見られませんでした。

一方、ベニタゴは債務を再構築し、破産手続きの中でビジネスの一部を売却する計画です。裁判所の申請書には、300以上の商品(健康補助食品、オフィス用品、美容製品など)を販売している15のブランドの知的財産権を含むエンティティがリストされています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments