火曜日, 2月 27, 2024
ホームスタートアップ【新感覚賃貸アプリ!】Kikiがデートアプリの考え方を取り入れて6000万ドルを調達

【新感覚賃貸アプリ!】Kikiがデートアプリの考え方を取り入れて6000万ドルを調達

>Kiki(以前はEasyRentとして知られていた)は、最大6ヶ月の賃貸を探している人々とリストをマッチングするサブレットのスタートアップで、共同創設者のトビー・トーマス・スミスがTechCrunchに独占的に語ったところによると、最近600万ドルのシードラウンドを閉じたとのことです。この資金は、Kikiが今年の秋にニューヨーク市で再始動するために使用されます。

Blackbird Venturesが450万ドルを出資し、これは同社が書いた2番目に大きなシードラウンドの支払いです。Kikiのシードラウンドは、元Airbnb幹部のハリー・アフィンデル、Facebook Marketplaceの創設者ボーエン・パン、元Bumble幹部のミシェル・バターズビー、Canvaの創設者であるファーズ・ワン・ベンチャーズのマヘシュ・ムラリダール、さらには元Uber幹部のタイラー・トレロトラとジャイクマール・ガネシュなど、テック業界のさまざまな有名な支援者を惹きつけました。

「Kikiの広範なビジョンである世界最大の「コミュニティ主導型マーケットプレイス」は非常に特別です」とパンはTechCrunchにメールで述べ、「2017年に『アパートの賃貸』に特化したセクションを立ち上げた際に、このようなサービスへの「強いニーズ」を感じました。[トーマス・スミス]と彼のチームが私の最初の個人的なエンジェル投資になることを誇りに思います」と付け加えました。

投資家の中には、さまざまなサービス(Airbnbなど)で貸し出すために空きアパートを購入していることが増えていますが、Kikiは利益を得ることを目指していない一般の人々を対象としています。代わりに、アプリは数ヶ月間旅行している人々や家を空けている間に家賃でお金を失いたくないユーザーをターゲットにしています。

トーマス・スミス氏は「住居を奪っているわけではない」と話しました。「文字通り既にそこにある空きスペースを利用している…私達は地元の方々にお金を還元しています」と語りました。

Kikiは、リスターと同じ好きや嗜好を持つ賃借人をマッチングする点で、デートアプリと似た仕組みです。これはサブレットサービスには珍しいかもしれませんが、Kikiはリスター(特に初めての方々)が自宅を知らない人に安心して泊まってもらえるようにすることを目指しています。

このアプリは「友人の友人」のみを招待するモデルを採用しており、人々が保証され、他人のスペースを尊重することを期待しています。ユーザーは自分のInstagramアカウントをリンクさせる必要があります。トーマス・スミス氏によれば、「変わり者なし」のポリシーが厳格に適用されており、ユーザーは少なくとも何人かのInstagramフォロワーとセルフィーを持っている必要があります(Kikiには直接メッセージング機能はありませんので、Instagramが賃借人とリスターのコミュニケーション手段となります)。

「[Kiki]は物件ではなく人々を中心にしています」とトーマス・スミス氏は付け加えました。「それはすべて人の心理学に関係しています。どのようにして誰かが見知らぬ人から友人の友人になれるのか、できるだけ早くですか?」

KikiはHingeと同じプロフィール形式を持ち、賃借人が選ぶことができるプロンプトのリストがあります。例えば、「友人はあなたを一文でどう形容するでしょうか?」、「私はこんなことに夢中になります」、「今年は本当にこれをやりたいです」などです。リスターは最小年齢や禁煙者などの基準を設定することもできます。

Kikiには管理機能もあり、定時の支払い、保証金の保有、電子的な賃貸契約に関する情報を管理することができます。各リスティングに対して、Kikiは賃料の10%を取ります。

トーマス・スミス氏は、ニュージーランドで大学に通いながらAirbnbで働いている間に2018年にこの会社を創設しました。

「私はAirbnbでトイレの掃除をしていたが、この短期賃貸市場について全く知りませんでした」とトーマス・スミス氏は語りました。「これらの物件は夏にすべての利益を上げ、その後、冬にはお金を失っていました。半年近くも空き家があるなんて…私には狂気のように思えました。」

また、大学時代の友人が学年の間家を借りていて、帰省する際に無駄にお金を使っていることに気づきました。この問題を解決するため、トーマス・スミス氏は「友人の友人」のみが参加できるマッチングサービスを構築しました。最初はEasyRentと呼ばれていましたが、ニュージーランドの学生が夏季に自分の部屋を貸し出すことができるようになり、主にインターンシップで町にやってくる他の学生に利用されるようになりました。

2022年にはEasyRentが十分な反響を得たため、トーマス・スミス氏は共同創設者のジャック・モントゴメリーとソフトウェアエンジニアのアレクサンダー・ニコルソンを加え、ユーザーベースを広げるための取り組みを始めました。

スタートアップは2022年に23万ドル(NZD)のシードラウンドを終了し、オーストラリアのシドニーに、ボンダイビーチのユーザー向けにローンチしました。EasyRentはただその地域だけでも1500件の住宅を埋めました。

最近、同社はニュージーランドとオーストラリアでのアプリを終了し、ニューヨークへの展開に力を注ぐことを決定しました。

この10月、Kikiは始めのうちはイースト・ヴィレッジかウィリアムズバーグのいずれかの地域で展開する予定です。興味深いことに、最初はオーストラリア人のみ対象となります。同社は最も需要のあるのはオーストラリア人であり、特にNYCに移住し、家族訪問時に家賃を節約したいと考えている人々からの需要が多いと考えています。

ウェイティングリストにサインアップしたいユーザーは、自分のセルフィーとInstagramアカウントを提出する必要があります。Kikiは毎週トップ10の人々を受け入れ、招待した友人の数やInstagramストーリーをシェアした人数に基づいて選出します。シェア時には

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments