日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームガジェット【最新テックレビュー!】ACRONYM RMT02 ASUSの魅力に迫る

【最新テックレビュー!】ACRONYM RMT02 ASUSの魅力に迫る

>機能的なアートをどのように批評するのか?評価はその能力や問題の解決の解像度に基づくのか?それともアートとして成功することがより重要なのか?それともフォームと機能のバランスを無視した全体的な目的の述べ方が重要なのか?

率直に言って、私はハイブリッドタブレットのレビュー中にこれらの質問に取り組むことを予想していませんでした。しかし、ここにいます。

デザインスタジオ兼衣料品メーカーのAcronymは、Asusと協力して共同ブランドのコンピューターの新しいデバイスを製造しました。このROG FLOW Z13-ACRNM RMT02は、「リアリティモデリングツール」シリーズの二番目の製品です。Asusは目を引くスタントマシンを取り扱ってきましたが、Acronymシリーズ(前回はラップトップ)が特に興味深いのは、私自身がAcronym製品の学生でありコレクターであるということです。

私が持っている最も古い製品の一つは、ファッションデザイン史でも最も象徴的なジャケットの一つである第一世代のJ1Aです。その作られてから20年経った今でも、非常に機能的で現代的なアイテムです。

それは、RMT02の表面、裏面、キーに明確に書かれています。16:10のディスプレイの黒いモノリスと、加工した金属製の背面とフレームが融合した、無慈悲で機能的な装備です。デザイナーのデビッド・ルドニックによる図象学とタイポグラフィがケースをさまざまなアプリケーションで包み込んでいます。印刷、切削、エンボスなどがあります。

私が生まれた時期には、パーソナルコンピュータが世に現れるという出来事にも関与しました。それによる情報革命への参加と、インターネットと共に本や映画、文化に浸りながら影響を受けてきたということです。インターネットのビットとボードを操作するために使うツールとしてのコンピュータの感覚は、スムーズに消えてしまう外観のポータルではなく、私たちに何かを求める存在でした。

私の若かりし頃のコンピュータは、プラスチックや金属やワイヤーやほこりがごちゃ混ぜになったもので、黒と緑の画面に点滅するカーソルがありました。それらは多くを要求しました。自分でPCを組み立てることは、忍耐力と熱望のDPSチェックでした。その厳しい扉を通じてしか到達できない世界へのアクセスへの渇望。

それにもかかわらず、このASUSのタブレットは彼の宇宙から遠く離れた存在ですが、Acronymもそれを感じ、ここでそれを思い起こさせたかったと思います。これは理にかなっています。Acronymの衣料品は、着る人と世界とのインターフェースとしてデザインされています。通常、テクニカルな衣料品を着ることと普通の衣服を着ることは、まったく異なる経験です。Acronymは、美学と機能の世界を積極的に融合させることに成功し、アポカリプスに備えて着ることであなたを乾かし、あなたの物を簡単に取り出し、他の衣料品の層と統合することができるという、簡単ではないオプションの世界の中に存在します。このマシンもそのバブルの中に存在しています。

性能についてはあまり詳しく触れませんが、バッテリー寿命はあまり良くありませんが、ゲームでのフレームレートはまずまずであり、「インターネットのこと」も問題ありません。GeForce RTX 4070のラップトップGPUと第13世代のインテルCore i9を搭載しており、ディスプレイは非常に美しく、165Hzのリフレッシュレートがあります。他の普通のパソコンに必要なすべての機能も備えています。

私は、コレクターではない人やコンピューティングデバイスとの雰囲気の交換を求めていない場合に、これを購入するとは本当に思いません。そのため、性能について詳しく言及することが将来的に何の価値も持たないと思います。重要なことは、この2500ドルのハイブリッドを探す場合、それにハンデがあるわけではなく、形状要素としてはトップクラスであることです。

RMT02の外骨格には、やや複雑なスリングを展開できる4つのクリップ取り付けポイントがあります。スリングにより、バッグなしで肩にかけることができます。そして、それはあなたのGore-Texの後部にスライドさせることができるAcronymのInteropsジャケットシステムと統合されています。また、立ったままコンピューティングするために4箇所でクリップで固定することもできます。実際に非常にうまく機能しています。それを何度も使用する必要があるか、バッグの外で運ぶ必要があるかはわかりませんが、非常に機能的です。

それは、外れていて、狂ったようですが、最終的には機能的なものです。それがAcronymのブランドです。

加工されたアルミニウムの筐体は美しいですし、キックスタンドは非常にしっかりしており、キーボードは理解できません。タッチタイプができることが望ましいでしょう。Acronymのためにルドニックがデザインしたキリル文字風のアルファベットは、テーマの一部です。これは、あなたの軸からわずかに外れた別の次元のコンピュータです。パーキングガレージの屋上で雨の中に立って端末プロンプトに何かを入力する人々の世界。

ちなみに、パッケージにはX-Pacラミネートで作られたストラップ付きの

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments