木曜日, 4月 18, 2024
ホームガジェット【台風でもネット接続維持!】コムキャストの新しいWiFiエクステンダーがセルラー機能とバッテリーバックアップを提供

【台風でもネット接続維持!】コムキャストの新しいWiFiエクステンダーがセルラー機能とバッテリーバックアップを提供

こちらはComcastのホームインターネットデバイスの賢い追加です。Xfinity Storm-Ready WiFiは、4時間のバッテリーとセルラー接続機能を備えたレンジエクステンダーで、ユーザーがインターネットと電源を失った場合に自動的に作動します。その名前からもわかるように、このシステムは主に天候関連の停電のバックアップとして設計されています。

インターネットサービスプロバイダ(ISP)によれば、米国では平均して2時間の停電が発生し、このシステムは充電でそれを倍に延長します。北アメリカでは現在ハリケーンシーズン中です。この期間は、6月の初めから11月の終わりまで続き、近年の傾向と主流の科学が示すところによれば、事態はさらに悪化する一方です。

順調に動いているとき、このシステムはレンジエクステンダーとして機能し、サービスプロバイダの10Gネットワークを、標準のルータが届かない家の一部にも提供します。

Comcastは、ハードウェアとしてのサービスモデルを通じてこのシステムを提供しており、36ヶ月間で月額7ドルの料金がかかります。合計で252ドルです。この価格には「無制限の」バックアップセルラー接続も含まれています。ほとんど使用しないかもしれませんが、この全体的なことは、日常の実用性よりも安心感に重点が置かれています。

もちろん完璧ではありません。過激な天候のときには、セルサービスも他のすべてと一緒に途絶える場合が必ずあります。しかし、(理解できる理由から)天候の頻度と重要性が増していることを心配しているComcastのユーザーであれば、このシステムは有益な追加となるかもしれません。

Storm-Ready WiFiは本日から販売されています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments