月曜日, 4月 15, 2024
ホームアプリ【アップルとAT&Tに独占禁止法!】フランスが衝撃の調査開始

【アップルとAT&Tに独占禁止法!】フランスが衝撃の調査開始

フランスにおいて、アップルに悪いニュースが待っている可能性があります。国の競争当局が、iOSユーザーの追跡方法に関連する異議申し立ての声明を発表しました。

フランスの独占禁止当局である「コンクール庁」は、本日、アップルが広告目的でのユーザーデータの利用に関して、「差別的で、客観性のない、非透明な」条件を実施することによって、支配的な立場を乱用していると疑っていると述べました。

数年にわたり、アップルがどのようにiOSユーザーデータを広告ターゲティングに利用しているかを調査しています。2021年に、広告業界団体のいくつかが異議申し立てを行い、コンクール庁によるアップルのApp Tracking Transparency(ATT)機能の導入を阻止するよう要求しました。

ATTでは、サードパーティのアプリがユーザーの許可を求めてトラッキングする必要があります。広告主たちはすぐにアップルが公平なプレイをしないと非難しました。なぜなら、サードパーティのアプリとは異なり、アップル自身のネイティブiOSアプリは同じようなユーザーへの明示的な許可要請をトリガーしなかったからです。代わりに、iOSユーザーがアップル自身の追跡からオプトアウトするために設定を積極的に検索する必要がありました。

2021年3月、フランスの当局はATTの導入を阻止しないと発表しましたが、アップルが自社アプリと第三者開発者(いわゆる「自社優先」)に対してより制約の少ないルールを適用しているかどうかについて調査を続けると述べました。

本日、フランスの当局はアップルに対して、それを乱用していると警告しました。

アップルは、フランスの当局の異議申し立てについてコメントを求められました。アップルの広報担当者は次の声明を送りました。

「App Tracking Transparency(ATT)はすべてのアプリにユーザーの追跡許可を求めることで、ユーザーにより多くの制御権を与えます。アップルもすべての開発者と同様にATTに従う必要があります。アップルのアプリはATTのプロンプトを表示しないのは、それらがユーザーまたはデバイスデータを他の企業のアプリ、ウェブサイト、オフラインプロパティから収集したユーザーやデバイスデータとリンクさせないため、つまりターゲティング広告や広告測定の目的でユーザーやデバイスデータを共有しないためです。さらに、アップルは明示的な許可を求めることで、自社の広告ビジネスに対して他の開発者よりも高いプライバシー基準を適用しています。これまでに、FCA(フランス競争当局)やCNIL(フランスのデータ保護当局)を含む規制当局やプライバシーの専門家からATTの目的に強力な支持を受けており、FCAとは建設的に連携し、ユーザーが自分のデータをコントロールし続けることを確保します。」

アップルは以前、アプリの追跡方式について擁護しており、自社を含めたすべての開発者に対してプロプライバシールールを均等に適用していると主張しています。同時に、広告追跡に対してユーザーに選択肢を提供するという高いプライバシー基準を設けているとも主張しています。

アップルは、自社のプロプライバシー対策がユーザーから非常に人気があることも主張しています。2022年第1四半期の時点では、iOS 15以降を搭載したデバイスでのApp Storeの検索ボリュームの78%が、パーソナライズされた広告をオフにしたデバイスから来ていると述べています。

アップルは、最終的な決定を規制当局が出す前にフランスの当局の告発に対して反論する機会があります。

もしも独占禁止法の違反が確認されれば、当局はアップルに対して罰金を科したり、違反行為を是正するよう命じる権限を持ちます。しかし、現時点では当局は乱用を疑っているだけであり、異議申し立ての声明を発表する際、コンクール庁はこの段階では調査結果に先入観がないことを強調しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments