木曜日, 5月 23, 2024
ホームアプリ【圧倒的創造力!】Splineが1.5億ドル調達、3Dアセットの作成に革新的なノーコードデザインツールを提供

【圧倒的創造力!】Splineが1.5億ドル調達、3Dアセットの作成に革新的なノーコードデザインツールを提供

【Spline】は、3Dアセットを作成するためのノーコードデザインツールで、Gradient Venturesを主導とし、First Round Capital、NXTP、Chapter One、Vercel CEO Guillermo Rauch、Y Combinator、Webflow CEO Vlad Magdalin、Backend Capitalも参加したシードラウンドで1500万ドルを調達したことを本日発表しました。共同創設者兼CEOのアレハンドロ・レオン氏は、今回の調達でSplineの総資金調達額が1600万ドルに達したことを明らかにし、R&Dへの投資とスタートアップの20人規模のチーム拡大に使われる予定だと述べました。

レオン氏はTechCrunchのインタビューで、「2020年初頭にSplineを立ち上げる前、3Dへの投資についての投資家との話し合いは不確実な反応を受けましたが、その後、多くのことが変わり、私たちも進歩しました。3Dは現在、画像、音声、ビデオと並んだデフォルトのコンテンツフォーマットになりました」と語りました。

子供の頃から3Dに情熱を抱いているというレオン氏は、3Dデザインプロセスをよりシンプルで学びやすくすることを目指して、2020年にSplineを立ち上げました。Splineは、Y Combinatorの2021年のバッチの1つに選ばれ、昨年の3月にベータ版がリリースされました。

Splineを使用すると、ユーザーはウェブブラウザ上で、ゼロから作成するか、あらかじめ作成されたオブジェクトから3Dオブジェクトを作成し、素材を編集し、相互作用(ゲームコントロールを含む)とアニメーションを追加し、それらをエクスポートすることができます。プラットフォームの共同作業機能により、ユーザーはアセットの微調整やコメントの追加を共同で行い、リアルタイムの物理シミュレーションやアセット間の相互作用を作成することができます。

デザインは画像ファイル、GIFなどの形式でエクスポートすることも、いくつかのコード文字列を使用してウェブページに埋め込むこともできます。

レオン氏は、「ウェブ技術は現在、より高品質なレベルを実現することができます。AIも3Dに広がり、3Dと空間の基盤に基づいた新しい次世代技術もあります」と述べました。

レオン氏は、Splineのプラットフォームにとって次の自然なステップとして、既存のツールであるBlenderやCinema 4Dと競合するAIを採用したツールを考えています。最近、SplineはAIスタイル転送とAIテクスチャツールを組み込んでおり、大規模な言語モデルを使用したコンテンツ作成のためのプロンプト使用方法を探求しています。これは、OpenAIやMetaなどの企業に続く取り組みです。

レオン氏はさらに、「AIはより多くのデザイナーに3D作成プロセスの摩擦と複雑さを減らすことで、簡単に始めることを可能にする力になると考えています。3Dの作成プロセスには多くの複雑さがありますので、これは継続的な取り組みと全体的な課題ですが、AIが誰でもが3D作成をよりアクセスしやすくするために重要な要素になると思います」と述べました。

これまでに100万人以上のクリエイターがSplineに参加しており、Gradient VenturesのDarian Shirazi氏はその数に感銘を受けています。

Gradientのゼネラルパートナーであるシラジ氏は、「アレハンドロとSplineチームが創り出した製品に感動しています。そして、Splineの能力に魅了されたクリエイターのコミュニティも同じくらい印象的です。コンピューティングとコミュニケーションの未来は3Dによって推進されており、Splineは創造性とAIの交差点にあると信じています」とメールで語りました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments