火曜日, 2月 27, 2024
ホームアプリ【ついに!Appleのパスワードマネージャーがサードパーティブラウザと互換性を持つ最新のmacOSベータ版に対応】

【ついに!Appleのパスワードマネージャーがサードパーティブラウザと互換性を持つ最新のmacOSベータ版に対応】

>昨日、AppleはmacOS Sonomaの初のパブリックベータ版をリリースしました。この秋に一般公開されるmacOSの次期メジャーアップデートです。このアップデートにより、MacユーザーはGoogle Chrome、Microsoft Edge、ArcなどのサードパーティのウェブブラウザでAppleのパスワードマネージャを利用することができます。

ご存知かもしれませんが、macOSにはすべてのパスワードを安全に保存できる組み込みのパスワードマネージャがあります。システムの設定からアクセスし、指紋認証またはコンピュータのパスワードを使用して保存されたパスワードを表示することができます。

パスワードマネージャを使用することには多くの利点があります。アカウントを持つ各ウェブサイトやサービスで異なる洗練されたパスワードを使用することができます。これにより、サービスがデータ漏洩に直面した場合でも、オンラインアカウントは比較的安全な状態に保たれます。対象のサイトでパスワードを変更して進めることができます。

iCloudのおかげで、Appleのパスワードマネージャにパスワードを保存すると、iPhoneやiPadなどの他のAppleデバイスと同期されます。しかし、例えば仕事ではWindowsコンピュータを使用している場合はどうでしょうか。

2021年、AppleはWindows用のGoogle Chrome拡張機能「iCloud Passwords」をリリースしました。その後、Microsoft Edge用の類似の拡張機能もリリースされました。

しかし、これらの拡張機能はmacOSでは動作しないため、MacでAppleのパスワードマネージャを利用するためにはSafariを使用する必要があります。Safariは自動的にログイン情報を入力し、新しいアカウントを作成する際にパスワードを生成し、Appleのパスワードマネージャにパスワードを保存します。Safariは優れたウェブブラウザですが、はい、多くの人がGoogle Chromeを使用しています。

AppleのRicky MondelloはTwitterで指摘したように、これはmacOS Sonomaで変わる予定です。同社はiCloud Passwords拡張機能をMac上のGoogle Chromeにも導入する予定です。

多くのウェブブラウザはChromiumを基にしているため、Chrome拡張機能のサポートがネイティブに行われる傾向があります。たとえば、ArcやBraveはmacOS Sonoma用のiCloud Passwords拡張機能をサポートするはずです。

他のブラウザについては、Appleは既にMicrosoft Edge拡張機能の移植に取り組んでいます。Ricky MondelloはMastodonで「Mozilla Firefoxのサポートは現時点ではありませんが、リクエストは理解しています」と述べています。

どこからでもアクセスできるパスワードマネージャを持つことは、近い将来ますます重要になってきます。なぜなら、さまざまなサイトがパスキーサポートを提供し始めているからです。

たとえば、通常のパスワードの代わりにパスキーでGmailにサインインすることができます。パスキーはデバイスによって自動的に生成され、安全な場所に保存されます。macOSでは、Appleのパスワードマネージャに保存し、他のAppleデバイスと同期することができます。

また、多くのMacユーザーが1Passwordを個人用のパスワードマネージャとして熱心に使用していることも注目に値します。しかし、1Passwordは現在、エンタープライズの顧客とクロスプラットフォームの互換性に焦点を当てています。

AppleのパスワードマネージャがGoogle Chromeから利用可能になると、多くの人が1Passwordから離れ、Appleの組み込みのパスワードマネージャを使用し始める可能性があります。iOS 17やmacOS Sonomaでも共有パスワードが導入されます。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments