月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【スキャンダル!】メタのThreadsアプリを偽るAIコンテンツ生成ツールがトップチャートに登場、Appleが即座に排除

【スキャンダル!】メタのThreadsアプリを偽るAIコンテンツ生成ツールがトップチャートに登場、Appleが即座に排除

> メタのTwitter競合アプリ Threads は素晴らしいスタートを切りました。ローンチからわずか5日で1億人以上がサインアップしました。しかし、EUにおけるサービスの提供がないため、一部のAI搭載コンテンツ生成アプリがこの状況を有利に利用しようとしています。

本日、Appleは最も成功したアプリの1つ、SocialKit TLDによって開発された “Threads for Insta” というアプリを削除しました。これはAIモデルを使用して投稿を作成できるコンテンツ生成アプリでした。このアプリはドイツ、フランス、スペイン、スウェーデン、オランダなどの国でソーシャルメディアカテゴリのトップチャートにランクインしていましたが、AppleはApp Storeから削除しました。ドイツの開発者デュオ、Mysk が多くの国のチャート上昇を指摘しました。MyskはAppleがSocialKit TLDの開発者アカウントとそのアプリすべてを停止したことも報告しました。

分析会社のSensor Towerによると、このアプリは短期間で30万ダウンロードを達成しました。そのほとんどはEUユーザーからのものです。同社のシニアアナリスト、エイブ・ユースフ氏によれば、このアプリはオランダ、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアのiOSアプリストアのトップ20チャートに入っています。

このアプリはMetaがThreadsをローンチした直後に現れたようです。App Storeでは似た名前と機能の数個のアプリが存在しますが、まだトップチャートには入ってきていません。

コメントを求めるためにAppleとMetaに連絡しましたが、回答があれば記事を更新します。

Threadsの模倣アプリの問題はApp Storeに限りません。Instagramが2023年7月6日にThreadsをローンチする前に、Play Storeでいくつかの模倣アプリが既に登場していましたが、後にGoogleによって削除されました。

人気アプリの模倣はApp Storeにおいては新しいトレンドではありません。今年初めには、「ChatGPT」という名前を持つ数多くのアプリが登場し、OpenAIが公式のChatGPTアプリを持っていなかったことを利用していました。当時、このAI企業は公式のChatGPT APIすら持っていませんでした。


先週、Twitterはメタを訴えると脅迫しました。訴えの理由は、エロン・マスクが所有する会社から人材を引き抜いたとされるからです。これに対し、メタの広報担当者、アンディ・ストーン氏は「Threadsのエンジニアチームのメンバーは元々Twitterの従業員ではありません。そんなことはありません。」と述べました。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments