日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームベンチャー【圧倒的成長!】ケビン・ハーツ率いるA社、2年ぶりに溢れるほどのファンドを調達

【圧倒的成長!】ケビン・ハーツ率いるA社、2年ぶりに溢れるほどのファンドを調達

Venture

Kevin HartzのA*、3年で2度目の超過募集ファンドを調達

PitchBookのデータによると、第1四半期にはベンチャーファンドが93億ドルを調達し、今年はおそらく2023年の818億ドルを上回ることはないでしょう。一部の新興マネージャーは募集市場の冷えを最も感じていますが、A*のような新興VCは名前が知られており、良好な実績を持っているため、まだ成功を収めています。

元Eventbrite創業者のKevin Hartz、元CoatueパートナーのBennett Siegel、元OpendoorおよびUberオペレーターのGautam Gupta率いるA*は、超過募集された第IIファンドで3億1500万ドルを調達しました。同社は、引き続きシードラウンドを主導し、ポートフォリオ企業のシリーズAでさらに投資を増やすことに加え、シリーズBステージで新たな投資を行う予定です。

“私たちは、製品の市場適合性は本当にシード段階と始まりの段階にあり、ゼロからイチに関わりながら、ポートフォリオのブレイクアウトを支援し続けることが最も成功してきたところです。”Siegel氏は述べています。”そこが私たちの最大の成功ポイントです。”

“ゼロからイチ”とは、ピーター・ティールの同名の本を参照しています。これは、新しく証明されていないコンセプトを持つ企業を、既存のアイデアを模倣したり拡大したりするスタートアップではなく、製品と顧客を持つ会社に変えるという意味のVC専門用語です。

ファンドは今後も一般的に投資し、異なる産業に対して投資を行う予定です。Gupta氏は、適切な創業者を見つけ、彼らをどの産業でもフォローしたいと述べています。現時点では、同社はAIと消費者テクノロジーの再生に多くの時間を費やしています。

“正しい人材を支援すると、すべてがうまくいきます”とGupta氏は述べています。

ファンドIとファンドIIの間に目立つ違いは、出資者(LP)ベースです。ファンドIIは完全に機関投資家から調達されましたが、ファンドIは多くの有名なVCや元オペレーターから支援を受けていました。元PayPalのMax Levchin、David Sacks、Peter Thiel、DoorDashの共同創業者兼CEOのTony Xu、Opendoorの共同創業者兼社長のEric Wuなどが、ファンドIの支持者でした。

ファンドIIステージで機関投資家に変更することは一般的です。別のVCファームも、今週同様に同様のことを述べていました。これは、ファームが機関投資家を引き付けるだけの実績を持っており、将来的にファンド規模を拡大する際にはこれらの資金力のある投資家が必要になるためです。

A*はできるだけ多くの資金を調達するつもりはありません。ファンドIIは、ファンドIの目標額である2億5000万ドルを超える3億ドルを調達したに留めていますが、2021年に閉じました。

“ファンド規模は戦略であり、戦略はファンド規模です”とSiegel氏は述べています。”私たちは優先パートナーでありたいと思っていますが、投資家に信じられる驚異的なリターンをもたらすことに焦点を当てるために十分に小さくなければなりません。メンターシップに焦点を当て、単なる大規模な資本の投入だけではなく、有益なリターンを生み出すことに集中したかったのです。”

ファンドIでは、Ramp、Notion、FaireなどのフィンテックスタートアップやAIスタートアップEyeTell、募集市場Paraform、プライマリケアスタートアップAligned Marketplaceなど、35社のスタートアップを支援しました。また、Peloton、Instacart、DoorDashなどのスタートアップを支援し、またまだステルス状態にある3つの企業を育てました。

同社は、3人の共同創業者と、それぞれ異なる産業の幅広い経験を持つ3人の共同創業者のおかげで、非常に混雑したシード市場から目立っていると考えています。

Hartzのテックスペースでの名声はおそらく役立っています。HartzはEventbriteとXoomをそれぞれ売却する前にスケールさせ、Founders Fundで数年間を過ごした後、Gusto、Pinterest、Redditなどの企業にエンジェル投資を行いました。GuptaはUberのファイナンス責任者、OpendoorのCOO兼CFOを務めたかつてのHeadwayの元トップ、SiegelはPeloton、Instacart、DoorDashなどを支援しました。

彼らは、2020年末にファンドを立ち上げることについて話し合い始める数年前からお互いを知っていました。今、彼らはこの最新のファンドを使用して、非常に異なる市場で大変早期の創業者を見つけ、支援し続けることを考えています。

Hartzは、「私たちの時代の課題は、企業が飢え死にするのではなく、むしろ消化不良から死ぬことです。」と述べています。「キャピタルが豊富にあるゼロからイチに行きたいと思っている会社に対して、洞察が欲しいと思い、すべてを手伝うことができます。」

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments