月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【データ制御の未来を拓く】Atlanが10億5千万ドルを調達

【データ制御の未来を拓く】Atlanが10億5千万ドルを調達

Atlanの創業者たちにとって、データは常に彼らの取り組む中心にあった。実際、共同創業者のPrukalpa SankarとVarun Bankaは、会社を立ち上げる前からインドの国家データプラットフォームであるSocialCopsを構築した経験を持っていた。そのため、大企業内でのデータの混沌に一定の制御をもたらし、データソースをまとめるツールを開発してきたことは驚くべきことではないだろう。

会社は2020年に設立されたが、その後データの課題はますます重要性を増しており、現在、企業がジェネレーティブAIの恩恵を受けるためにデータの整理を行う中でますます重要性を増している。おそらく、このため、同社は水曜日に、健康的な7.5億ドルの評価額で1億500万ドルの投資を発表した。スタートアップはまさに適切な時期に適切な問題を解決し、投資家たちはその恩恵を受けようとしているようだ。

Atlanは、あらゆる組織のデータエコシステムに固有の複雑さがあるという前提のもとに構築されている。Atlanの目標は、それに秩序をもたらし、さまざまなツールやデータリポジトリがあるにもかかわらず、全体像をつかむことができるということを人々に助けることだ。

「Atlanで行っていることは、あなたのデータエコシステム全体をスキャンすることです。私たちはSnowflakeやDatabricks、BIツール、AI LLMモデル、Salesforceなどのソースシステムに接続し、要するにAPIエコシステム全体を横断したマップ、本質的に1つの真実の源を作成します」とSankarはTechCrunchに語った。

このアイデアは、データが組織全体でどのようにつながり、データをめぐって協力しやすく、検索しやすく、BIダッシュボードで更新されない数値などの問題を自動化することが容易になるデータファブリックを構築することにある。

Sankarは、企業が自分たちの持つデータを理解しようとする際に時間をかけすぎており、ダッシュボードに正確にデータが提供され、最も必要とする従業員がアクセスできるようにしようとしていると述べている。

しかし、このような資金を得るのはただタイミングが良いだけではない。直近2年でARRは7倍、直近3年で31倍と成長し、会社はまだ4年しか存在していないことを考えると印象的だ。また、スタートアップは2023年において競争的なトライアルで80%の勝率を達成したと報告している。

顧客数については公表しないが、顧客獲得にはNasdaq、HubSpot、Elastic、Dr. Martens、Porto Seguroなどが含まれる。

To be continued…

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments