月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【女性投資家も注目!】Wallet as a ServiceスタートアップAnsaが1.4億ドル調達

【女性投資家も注目!】Wallet as a ServiceスタートアップAnsaが1.4億ドル調達

アンサは、店舗が独自のブランド仮想ウォレットを開発・提供するのを支援するスタートアップで、同社がTechCrunchに独占的に明かしたところによると、シリーズAラウンドで1400万ドルを調達しました。

Renegade Partnersが率いるAnsaの最新資金調達では、既存の支援者であるBain Capital Ventures、BoxGroup、Wischoff Ventures、そして新たな投資家であるB37 Venturesが参加しました。この最新の調達により、Ansaはシードラウンドの540万ドルを含む、総額2000万ドル近くのベンチャーキャピタル調達を達成しています。同社は現在の評価額を公表せず、「シリーズAは大きな評価倍率で達成された」と語りました。

特筆すべきことに、女性投資家がRenegade PartnersのRenata Quintini、Wischoff VenturesのNichole Wischoff、Bain CapitalのChristina Melas-Kyriazi、BoxGroupのNimi Katragadda、そして元AffirmのSilvija Martincevicが含まれるなど、シリーズAラウンドの95.6%を拠出したとのこと。

Ansaは、かつてAdyenのプロダクトマネージャーであったSophia Goldbergと元AffirmのソフトウェアエンジニアであるJT Choによって2022年に設立され、サンフランシスコを拠点に、ビジネスが小規模の支払いを処理し、小規模な取引における高いクレジットカード手数料を相殺するためのホワイトラベルのデジタルウォレットインフラストラクチャを構築しています。

また、Goldbergが説明するように、Ansaは「サービスとしてのウォレット」を構築し、どの商人もブランドを付けた柔軟な支払い手段を提供できるようにしています。

これは、顧客が資金をロードするスターバックスのアプリ内支払い体験のように見えることができます。商人はインセンティブや払い戻しでファンドを提供することも可能です。Ansaによると、APIファーストプラットフォームを利用することで、商人は「数週間ではなく数四半期」でウォレットを作成できるとのことです。

GoldbergはTechCrunchに語ったところによると、「ブランド化された顧客のウォレットは、商人に自らのユースケースにより適した支払いソリューションを提供すると同時に、顧客の忠誠心と頻度を向上させる」だけでなく、「商人は収益源を向上させ、顧客の忠誠心を培うことができます。Ansaを利用することで、商人はリワードやインセンティブ、その他の忠誠心イニシアチブを顧客の残高に統合することで、自らのウォレットの採用を促進できます」と述べました。

Ansaは、初期の主要市場としてコーヒー、クイックサービスレストラン(QSR)、およびマーケットプレースに焦点を当てており、小売りやコンビニエンスストアもターゲットとしています。

ブランド化されたウォレットの利用は、これらの種類の商人が特に購入金額に比して高額になりがちなクレジットカード手数料を回避するのに役立ちます。

例えば、Goldbergによれば、クレジットカードで支払われた4ドルのカフェラテには12.5%を超える追加費用がかかることがあります。典型的なeコマース取引では2.9%と0.30ドルかかることもあります。取引手数料は、取引額が小さいほど高いパーセンテージを示し、特に小額取引においてはその影響が大きいとGoldbergは述べています。

Goldbergは、「5ドルの取引に30セントの手数料がかかると、その収益全体に対する割合が高く、100ドルの取引よりもその利益に影響を及ぼす」と述べています。そして、「利益率の低い商人にとって、これらの固定費は収益を大幅に圧迫する可能性があります」とも付け加えました。

2024年第1四半期に関しては、Goldbergによると、アンサは前年比で顧客基盤を倍増させており、硬い顧客数や収益数字についての詳細は明かしていません。

アンサは、プラットフォーム料金と取引手数料の組み合わせで収益を生み出しています。

「私たちは部分的にインフラであり、部分的に収益を上げています。そのため、サービスと付加価値に応じて請求しています」とGoldbergは述べています。

この資金は、主に製品開発とエンジニアリングに充てられます。現在、同社には12人の従業員が在籍しており、採用を行っています。

Renegade PartnersのQuintini氏はTechCrunchに対し、同社への投資が同社にとって最も大きな初回投資であると述べました。

「Ansaは、Square、Stripe、Braintreeなどの最新のPSP(Preferred Service Providers)と統合されているため、新規商人は即座に立ち上がり、忠誠心と運営効率を向上させることができます」とQuintini氏は述べ、「どの商人も、スターバックスアプリのようなシームレスな体験を顧客に提供できるようになる技術が(これに)助けられる」と付け加えました。

TechCrunch Fintechの最新情報をお届けしますか?こちらから購読してください。

ヒントをお寄せいただけますか?メールでmaryann@techcrunch.comまでご連絡いただくか、Signalでメッセージを送信してください(電話番号:408.204.3036)。SecureDrop(こちら)および暗号化メッセージングアプリへのリンクも含まれる、よりセキュアなコミュニケーションについてこちらをご確認ください。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments