月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【注目のAI検索企業】Perplexity、2.5〜3兆円評価額で2億5000万ドルを調達

【注目のAI検索企業】Perplexity、2.5〜3兆円評価額で2億5000万ドルを調達

Perplexityは、現在注目を集めているAI検索エンジンのスタートアップ企業です。TechCrunchによると、同社は現在、少なくとも2億5000万ドル以上の資金を調達しようとしており、評価額は25億ドルから30億ドルの間になると報じられています。

このニュースは、直近4カ月で大幅に評価額が急上昇した2つの大規模な調達ラウンドの続きです。1つ目は1月に、同社が5億4000万ドルから評価額を引き上げ、およそ7400万ドルを調達したことです(2023年4月からの1210万ドル増)。
そして、3月初旬には、同社が10億ドルの評価額で資金調達を実施し、CEO Aravind Srinivasは本日、Twitterで63百万ドルほど調達されたことを明らかにしました。

これらの2つの調達ラウンドは全容ではありません。同社に近い複数の情報源からわかったところによると、Perplexityは市場で注目を集めていることを活かすため、少なくとも2億5000万ドルの追加調達を目指しています。同社の前投資家であるNEAとIVPも、情報筋によると、この大規模な調達ラウンドに投資を検討しているとのことです。

先週、Perplexityとの関係が深い複数の情報源から、同社が5億ドル以上を追加調達し、期待する技術会社であることが明らかになりました。

これらの調達に参加するかどうかは、1つの情報筋によると、Perplexityが既存の投資家と協力することにどれだけ積極的であるかにかかっているとのことです。新規投資家を迎えるために、キャピタルテーブルを拡大するかについても検討しています。

既存投資家からのパートナーは、「彼らは非常に急速に成長しています。はい、参加を検討します」と述べました。

Perplexityの中心となる製品は、チャットボット形式のインターフェースを使用して結果を提供するジェネレーティブAIベースの検索エンジンです。この製品は多くの人々がChatGPTやMicrosoftのBing(OpenAIが提供する)などの製品を使用している方法の一つであり、GoogleはGemini LLMという大規模な検索結果の向上を目指す取り組みを行っています。

しかし、Perplexityは、さまざまなLLMを取り入れたアルゴリズムを構築しており、これによりより正確で豊かな応答が得られるという考え方です。

現在、Perplexityはこれらを利用して、より高度なエンタープライズ向けの「プロ」製品を展開しています。

Perplexityエンタープライズプロは、マイクロソフトCopilotのような知識ワーク向けの他のエンタープライズツールとは異なり、市場で提供されているすべての最新の基礎モデルを1つの製品で提供する唯一のエンタープライズAI製品です。これには、OpenAI GPT-4、Anthropic Claude Opus、Mistralなどが含まれ、今後も追加予定です。CEO兼共同創業者のAravind Srinivasは、新しい製品を宣伝するツイートで、「これにより、顧客やユーザーは、使用用途に応じてエクスペリエンスを探求し、カスタマイズできる選択肢が提供されます」と述べました。 更に詳細が追加されることは、Srinivasの一連の公開支援や投資家リストから考えると可能性が高いでしょう。

Perplexityの設立は2022年以来であり、現在の投資家リストはPitchBookデータによると46名います。

IVPやNEAに加え、Sequoia、Bessemer、Kindredなどの有名VC、Nvidia、Databricks、Bezos Expeditionsなどの戦略的バッカー、そしてJeff Bezos、Metaの最高AI科学者Yann LeCun、Naval Ravikant、Susan Wojcicki、Elad Gil、Nat Friedman、Clément Delangueなどの多くの知名度の高い個人が含まれています。新たなバッカーであるDaniel Grossが率いる3月の5600万ドル調達には、Stanley Druckenmiller、Y Combinatorの最高責任者Garry Tan、FigmaのCEO Dylan Fieldなどが参加しています。

次から次へと調達が行われるのは、これまでの大手スタートアップ企業で見られたローリング調達のようです。急成長と大きな注目を集める中、SnapはIPOを控える数年間、継続的に資金調達が行われているように思われました。今日では、AIが中心になっており、OpenAI、Anthropic、Mistralなどの企業が急速なペースで資金調達を行い、評価額も急上昇しています。

Perplexityの場合、このスタートアップが市場で目立っている理由はいくつかあります。最も明らかなのは、汎用の大規模言語モデルを構築する競争を焦点としていない、という点です。今のところ、一つの特定製品(検索)に取り組んでいる点であり、今回のアプローチは、今日世界で最も大きな技術企業の一つからヒントを得ています。

Perplexityは、非常に特定の機会に焦点を合わせ、エンタープライズをターゲットにしているAIスタートアップの中で唯一の存在ではありません。英国のSynthesiaも、企業市場に特化したAIビデオツールを活用し、トレーニングやカスタマーサポート用のビデオコンテンツの構築を行っています。

Perplexityは、無料版とエンタープライズ版でツールを提供しており、今年に入ってから7500万件のクエリを処理し、現在のARRは2000万ドルに達しているとのことです(Bloomberg情報によると)。

なぜこんなに早く再度資金調達を行うのか?一部の投資家は、スタートアップにとって「時流の時」である顧客や投資家の関心を活用するため、と述べました。そして、現在のAIサービスを構築するメカニズムのためでもあります。

「計算コストは非常に高額ですので、そのために資金を調達する必要があるかもしれません」とは、1人の発言者の言葉です。

Srinivasにコメントを求めており、より詳細が分かり次第、この記事を更新する予定です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments