月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホーム環境【食品ロスの問題に革命的アプローチ!QualcommとAravitaがブラジルのスーパーマーケットで変革を起こす】

【食品ロスの問題に革命的アプローチ!QualcommとAravitaがブラジルのスーパーマーケットで変革を起こす】

世界中で年間生産される食物の約3分の1、すなわちおおよそ13億トンが廃棄されていると見積もられています。ブラジルの人工知能スタートアップ、Aravitaは、この問題に取り組むために、スーパーマーケットを始めるのが最善の方法であると考えています。

共同設立者兼CEOのマルコ・パールマン氏は、アリーネ・アゼヴェド氏とブルーノ・シュラッペ氏と共に2022年に会社を立ち上げ、世界で4番目に多く食品を生産するブラジルで食の不安がある約3300万人の人々を支援しています。

Aravitaは、主に果物と野菜を中心とした新鮮食品の購買を適切に管理するために、気候、季節、消費者の行動、経済状況などの変数を調べるAIソリューションをスーパーマーケット向けに開発しています。それにより、余剰品や廃棄による損失を減らすとともに、需要のあるアイテムの入手性を高めます。

「スーパーマーケットは、最初のデータ入手の突破口になります」とパールマン氏はTechCrunchに語りました。「彼らはPOS(販売時点)の消費者データを持っていますが、これが低需要の予測を行うために必要なデータです。それに対して、サプライチェーンの他の部分では、データの入手が難しいため、いずれはこれがデジタル化されると考えています。」

Aravitaはまだ初期段階にあります。概念モデルと、サンパウロ近郊の中型スーパーマーケットチェーンとのパイロットテストを開始しており、最初のアルゴリズムセットが開発されています。また、最初の歴史的データベースをそのモデルに統合するプロセスにあります。

しかし、最初のパイロットは容易に実現されたわけではありませんでした。パールマン氏は、潜在的な顧客たちが「資金調達、採用、生存に苦しんでいるスタートアップにデータを提供することに不安を感じた」と振り返っています。

そこで、3人は投資家にアプローチし、Qualcomm Venturesと17Sigmaが共同でリードする、年初に250万ドルの調達に成功しました。

「新鮮食品管理は高度に分散しており、複雑です」とQualcomm Wireless GmbHのディレクターであり、Qualcomm Venturesのディレクターでもあるミシェル・グレーザー氏は文書で述べています。「Aravitaのソリューションは、在庫管理を最適化することで、効率を向上させ廃棄を減らすことができます。」

加わった企業には、Bridge、DGF Investimentos、Alexia Ventures、BigBets、Norte Capital、ClearSaleパートナーであるCEOであるベルナルド・ルストーザ氏およびかつてLocaWebとSubmarinoのCEOであったFlávio Jansen氏を含む、一群のエンジェル投資家がいます。

パールマン氏によると、次のステップは数ヶ月内にソリューションを開発し、2番目のパイロット顧客を追加することです。彼は来年には製品・市場適合度があり、パン、菓子、冷製品、魚介類、肉など、他のスーパーマーケット部門に直ちに進出できると予想しています。

新しい資金調達により、同社は追加の従業員を採用し、在庫管理、POSの統合、AI技術およびプロセス自動化のためのコンピュータビジョンなど、将来的なイノベーションにも資金を提供しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments