金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【企業の効率化を最大化!】Prismaticが2億2千万ドルを調達、B2B SaaSアプリの連携を実現

【企業の効率化を最大化!】Prismaticが2億2千万ドルを調達、B2B SaaSアプリの連携を実現

今日のITチームは、膨大な数のツール、アプリ、システムを並行して扱わなければなりません。2022年時点で、平均企業は130のソフトウェアサービス(SaaS)アプリを使用していました(出典:Statista)。これは生産性に影響を与えています。最近のMuleSoftの調査に対する回答のうち、80%の企業がアプリ統合の課題が組織全体の取り組みを遅らせており、データの隔離や部門の分断化が起こっていると述べています。

Michael Zuercherは、初めてのスタートアップ、公共安全機関ソフトウェアプロバイダであるZuercher Technologiesを立ち上げる際に、SaaSアプリ統合の頭痛を直面しました。

「顧客の他のソフトウェアへの統合を約600回構築しました。それは絶対に必要なことでしたが、大きな負担になり、最終的にはR&Dの半分以上を取られるようになりました」とZuercherはTechCrunchのメールインタビューで述べています。「この間、統合はソフトウェア企業にとって複雑で固有のまだ解決されていない問題であることに気づきました。」

一つの解決策は、統合プラットフォームとしてサービス(iPaaS)として知られるものです。これは、クラウドベースのサービスであり、組織がアプリ、プロセス、データを一つの画面で結合し統一するのを支援します。

iPaaS市場はこの時点ですでに定着しており、2020年には34.7億ドルの収益を生み出し、2025年までに90億ドル以上になる見込みです。そして、企業はiPaaSを受け入れています。2021年の調査によると、66%の企業がデータ統合と自動化の課題に対処するためにiPaaSに投資すると回答しています。

iPaaSのスタートアップや既存の提供も多数存在します。Integration.appは、異なるアプリやサービスを調整するためにAIモデルを使用しています。Digibeeは、最近6000万ドルのベンチャーキャピタルを調達しました。Amazonは最近、AWS AppFabricを発売しました。

しかし、Zuercherは自分がもっと良い方法を見つけることができると考えています。

現在、ZuercherはPrismaticを率いています。Prismaticは、ビジネス対ビジネス(B2B)SaaS企業が顧客がすでに使用している製品と結び付けるためのソリューションを設計するiPaaSスタートアップです。Zuercherは、2019年にBeth HarwoodとJustin Hippleと共にPrismaticを共同設立しました。これにより、SaaS企業がサードパーティのソフトウェアに簡単に接続できるように、アプリ統合開発を効率化することを目指しました。

「SaaS企業は統合に膨大な時間とリソースを費やしています」とZuercherは述べています。「Prismaticは、SaaS企業が統合を容易に構築し、展開し、スケールできるようにすることで、その負担を軽減します。また、顧客がセルフサービスできるように統合をソリューションに埋め込むことも可能です。」

Prismaticは、低コードの統合デザイナー、ネイティブの開発環境、管理コンソール、および顧客が統合を切り替えて設定できるマーケットプレイスを提供しています。Prismaticのプラットフォームは最近、統合デザイナーを発売し、新しいAPIコネクタを拡充し、開発者を重視した機能に注力しています。

「Prismaticは、SaaS企業を対象に完全に構築されたプラットフォームです。内部統合を行う企業ではありません。そのため、開発者を重視したツール、顧客固有の設定、バージョン管理、埋め込み、スケーラビリティなど、SaaS企業が必要とする機能を初日から含んでいます」とZuercherは述べています。「Prismaticの組み込まれたiPaaSは、IT部門に対する統合の負担を軽減する方法をSaaSベンダーに提供します。」

Zuercherは、現在の時点でPrismaticが正確にどれだけの顧客を持っているのかは明らかにしませんでした。しかし、彼は、クライアントの構成はスタートアップからフォーチュン100企業まで幅広いと述べ、2023年を通じて年間再発生収益の成長を実現してきたと語りました。

おそらく楽観的な兆候ではありますが、Prismaticはたった今、Five Elms Capital(ケンサスシティに拠点を置く成長エクイティ企業)がリードする資金調達ラウンド、つまり2,200万ドルのシリーズBを閉じました。これにより、Prismaticの合計調達額は3400万ドルになります。新たな資金は、スタートアップの約50人のチームの成長、R&Dの拡大、およびPrismaticの既存のツールとソフトウェアの強化に投入されます。

「2023年の成長を資本化するために、エクイティを調達することにしました。多くのSaaS企業が一歩引いていた時期に」とZuercherは述べました。「2023年には一貫した強力な成長を見ました。B2BのSaaSチームにとって私たちの製品が影響を与えていることをますます確信しており、この資金調達は私たちの取り組みを加速し拡大します。」

Five Elms CapitalのPrincipalであるAustin Gideonは、こう述べました。「PrismaticのシリーズAからわずか1年で達成されたシリーズBの素晴らしい成長は、組み込まれたiPaaSのB2B SaaS企業における不可欠な役割を確立しました。ポートフォリオの B2B ソフトウェア企業全体で強い需要が見られており、統合機能を拡充するプラットフォームを提供することで、スケーリングするソフトウェア企業は、新しい製品を顧客に提供することに集中し続けることができます。シリーズBでもこのチームと協力することで、SaaSの未来においても有意義な進展と改善ができる機会を得ることができます。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments