金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【ラテンアメリカで拡大中!】Pomeloが4,000万ドル調達、支払いインフラ事業をスケールアップ

【ラテンアメリカで拡大中!】Pomeloが4,000万ドル調達、支払いインフラ事業をスケールアップ

>アルゼンチンの支払いインフラストラクチャスタートアップのPomeloは、シリーズBの資金調達で4000万ドルを調達しました。

このブエノスアイレスに拠点を置く会社は、2021年に設立され、フィンテック企業や埋込金融プレーヤーが適合したオンボーディングプロセスを介して仮想口座を立ち上げ、プリペイドカードやクレジットカードを発行する方法を提供することを目指しています。

Pomeloは2022年1月に最初の顧客を取得し、当時はアルゼンチンでプリペイド商品のみをサポートしていました。

それ以降、このスタートアップは、幹部が「従来の方法の一部のコストで」と説明する「単一の技術統合」を介して複数の国の顧客にプリペイド、デビット、クレジットカードを提供するために、モデルを進化させました。Pomeloは、アルゼンチン国内市場からメキシコ、ブラジル、チリ、コロンビア、ペルーにも拡大しています。

PomeloのCEO兼共同創業者であるガストン・イリゴイエン氏は、「市場投入までの時間は従来の方法の10倍速い」と述べ、「お客様のために規制や運用の重荷を負っています」と語りました。

現在、PomeloはRappi、Bitso、Stori、Nomad、PayJoy、Ripio、AstroPayなどの銀行、多国籍企業、テクノロジースタートアップなど、100以上の法人顧客を抱えています。イリゴイエン氏によると、売上高は2022年と比較して3倍(200%)成長し、今年は2倍になる見込みです。同時に、2023年には支払い総額が7倍に成長し、処理能力は1日5500万トランザクションに達したと述べました。

イリゴイエン氏はTechCrunchのインタビューで、「いくつかの顧客は、ラテンアメリカで事業を展開したいという世界的なお客様です」と述べています。

「例えば、ラテンアメリカでビジネスをしたいとするヨーロッパ企業のPaysafeなどは、私たちと協力してラテンアメリカ全体への容易な進出の道を得ることができます。」と彼は付け加えました。

Pomeloの最新ラウンドでは、Kaszekがリードし、monashees、Index Ventures、S32、TQ Ventures、Endeavor Catalystも参加しました。この最新の資金調達により、スタートアップの総資金調達額は設立以来1億3000万ドルに達します。イリゴイエン氏は評価額については明らかにせず、「プラスのラウンドである」と述べるにとどめました。

Pomeloは2021年10月にシリーズAで3,500万ドルを調達し、2022年8月にそのラウンドに1800万ドルの追加を発表しました。また、2021年5月には製品も売上もない段階で900万ドルのシードラウンドを調達しました。

このスタートアップは、顧客のためのカード発行、処理、トランザクションの管理も担当しています。

「発行とは、私たちの顧客がVisaやMastercardなどのネットワークと提携することを可能にすることです」とイリゴイエン氏は述べています。「つまり、私たちは顧客の代わりにトランザクションを処理するためにそのカードを発行できるわけです。」

最近、このスタートアップはクレジットカードの管理プラットフォームに重点を置いており、イリゴイエン氏によれば、それは実質的に「クレジットカードビジネス全体を管理するためのSaaSツール」となっています。

この265人の従業員を擁する企業は、新しい資金の一部をブラジル、メキシコ、コロンビアへの投資に充てる予定です。

Kaszekの共同創業者で経営パートナーのNicolas Szekasy氏は、投資の一環としてPomeloの取締役会に加わる予定であり、会社が「非常に短期間で非凡な推移を示している」と語りました。

「Pomeloはラテンアメリカで新しい世代の支払いインフラストラクチャ企業の先頭に立っています。」と彼は付け加えました。

もっとフィンテックニュースを受け取りたいですか? TechCrunch Fintechに登録する こちらから

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments