月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【驚愕】ディフェンススタートアップEpirusのCEOが公開企業で新たな職に就く!

【驚愕】ディフェンススタートアップEpirusのCEOが公開企業で新たな職に就く!

ディフェンススタートアップ企業Epirusは新たなリーダーシップを迎えることになりました。TechCrunchが独占的に入手した情報によれば、CEOKENベディングフィールド氏の退任が本日の全社員会議でスタッフに告知されました。このニュースは後日、同社の広報担当者によって確認され、ベディングフィールド氏が別の公開企業で役職を引き受けることが明らかにされました。COOのアンディ・ロワリー氏が即座に後任となります。

ベディングフィールド氏はEpirusでCEOのポジションをわずか1年間務めていました。その前は2020年6月以来COOおよびCFOとして務め、それ以前には航空宇宙・防衛の巨大企業ノースロップ・グラマンでCFOを務めていました。

カリフォルニア州トーランスを拠点とするEpirusは、「ディレクテッドエネルギー」兵器の開発に取り組んでいます。これはドローンやその他の航空機に対抗するために使用できるもので、レオニダスという製品ラインがあり、近距離または遠距離からシステムを無力化するためにジンバルに搭載された高出力マイクロ波技術を使用しています。年初には、同社はアメリカ陸軍から今年中に複数のレオニダスのプロトタイプを納入するための6600万ドルの契約を獲得しました。

Epirusの技術は投資家からも相当な関心を集めています。昨年、同スタートアップはT. Rowe Price Associates、8VC、Bedrockを含む投資家から計1億3500万ドルの資金調達を行いました。

「過去1年間、ベディングフィールド氏は同社を重要なマイルストーンと成果へと導きました。特に、最初のIFPC-HPMシステムをアメリカ陸軍に成功裏に納入したことは、国防総省に対する運用可能な高出力マイクロ波機能の明確な道筋を築きました」とEpirusの広報担当者は声明で述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments