日曜日, 7月 14, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームアプリ【新しい絵文字や音声分離技術?Apple、iOS 16.4をリリース!】

【新しい絵文字や音声分離技術?Apple、iOS 16.4をリリース!】

アップルは本日、iOS 16.4アップデートをユーザーにリリースし、拡張された絵文字セット、通話用の音声分離、ウェブサイトからの通知など、多数の新機能が含まれています。ユーザーは、設定>一般>ソフトウェアアップデートに移動して、最新バージョンに更新することができます。

iOSアップデートはしばしばセキュリティホールの修正やより小さな設定の微調整を行うものですが、新しい絵文字や機能の拡張を提供するものは一般的に消費者にとって人気が高く、ダウンロードに高い需要があります。そのため、最新のアップデートをデバイスにインストールするには、少し待つ必要があるかもしれません。

iOS 16.4では、31種類の新しい絵文字が追加されています。(リリースノートでは「21」となっていますが、これはバリエーションの数え方に関係があります。)

新しい追加機能には、揺れる顔、待望のピンクハート、2つの押し合う手、Wi-Fiシンボルなどが含まれます。Unicodeコンソーシアムはこれらの絵文字を昨年承認し、2月に最新のiOSアップデートで利用可能になることが発表されました。

新しい絵文字セットには、グレーとライトブルーのハート、扇子、生姜、豌豆のポッド、クラゲ、エランド、ガチョウ、ヘアピック、マラカス、フルートなどが含まれます。

新しい絵文字についてはこちらを読んでください。

音声分離

さらに、セルラーコール用の音声分離機能も新しくなり、「あなたの声を優先し、周囲の雑音をブロックすることで、相手の話す声が聞こえやすくなります。」他の人が話していたり、周囲の音が聞こえるような背景ノイズをブロックすることで、よりクリアな通話が可能となりました。この機能は、FaceTime通話やその他のVoIPアプリではすでに利用可能でしたが、セルラーでは(今までは)利用できませんでした。

この機能を有効にするには、通話中にコントロールセンターを開き、マイクモードをタップして、リストからボイスアイソレーションを選択する必要があります。

ウェブプッシュ通知

昨年のWorldwide Developers Conference(WWDC)で、アップルは開発者がエンドユーザーにウェブベースのプッシュ通知を送信できる機能を紹介しました。同社は、macOS Venturaのアップデートに伴い、Safari 16.1用にこの機能を提供しました。今回、iOS開発者がユーザーに通知を送信できるようになりました(許可を求めた後)。これは、ネイティブなiOSバージョンをまだ提供していないTwitterの新しいライバルであるPostやT2のような人々が、重要な会話にユーザーにアラートを送信したいと考えている場合に即座に役立つ機能です。

しかしながら、これはアップルがアプリストアがモバイル消費者に到達する唯一の方法であるという主張を反論する手段を提供し、反トラスト法規制やその他の訴訟から自分を守るのに役立つことができます。

その他…

アップデートのリリースノートには、以下のようないくつかの微調整や修正も記載されています。

  • Photosの重複アルバムは、iCloud共有写真ライブラリで重複する写真や動画を検出するサポートを拡大
  • 天気アプリの地図に対するVoiceOverサポート
  • 光のフラッシュやストーブ効果が検出された場合にビデオを自動的に暗くするアクセシビリティ設定
  • キーボードは、チカソー語やチョクトー語などの先住民言語をサポートしています。また、グジャラート語、パンジャブ語、ウルドゥー語のキーボードの転写をサポートしました。
  • 子供からのAsk to Buyリクエストが親のデバイスに表示されない問題を修正
  • Matter対応サーモスタットをApple Homeにペアリングしたときに無反応になる問題を修正
  • iPhone 14およびiPhone 14 Proモデルにおけるクラッシュ検出の最適化
  • Safari 16.4のセキュリティ修正

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments