木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【ニューヨーク発!】Xage Securityが総額20億円の資金調達を達成、セキュリティプラットフォームを拡大せよ!

【ニューヨーク発!】Xage Securityが総額20億円の資金調達を達成、セキュリティプラットフォームを拡大せよ!

2022年におけるサイバーセキュリティ資金調達の件数は記録的な高さを達成しましたが、それはこのセクターが限界を迎えたことを意味するわけではありません。Statistaによれば、2023年第2四半期には148件の資金調達があり、総額16億ドルの価値がありました。

そして、Q3の資金調達の流れも健全なように見えます。具体的な例として、ネットワーク侵入を防ぐソフトウェアを提供するスタートアップ、Xage SecurityがB2の資金調達ラウンドで2,000万ドルを調達したことを本日発表しました。このラウンドで調達された資金は、同社の総調達額を8000万ドルに引き上げます。

Piva Capital、March Capital、SCF Partners、Overture Climate Fund、Valor Equity Partners、Chevron Technology Ventures、Science Applications International CorporationがXageのB2に参加しました。情報に詳しい関係者によれば、企業評価額は2022年1月時点の企業評価額に比べておよそ60%上昇しています。当時、同社はシリーズBを初めて終了していました。

2021年9月にXageのCEOに任命されたGeoffrey Mattsonは、この資金を研究開発とマーケット展開に充てると述べています。特に、アジア太平洋地域での存在感を広げることに重点を置いています。

「技術経済状況が混乱しているにもかかわらず、重要なインフラへのサイバーセキュリティ攻撃は増加しており、脅威環境と顧客のニーズに対してXageは追い風を得ています」とMattsonはTechCrunchに電子メールインタビューで語りました。「コスト削減のためにリモートで事業を運営する企業が増えている中で、オペレーショナルテクノロジー、IT、クラウド環境などの重要なインフラと分散オペレーションにゼロトラストのセキュリティソリューションを提供することはこれまで以上に重要で優先事項となっています。」

Xageは、インターネット・オブ・シングス(IoT)デバイスを含むデバイス(監視カメラや温度センサーなど)への攻撃が増えていることに気づいたSusanto IrwanとRoman Arutyunovによって2016年に設立されました(この傾向は続いており、2023年の最初の2か月間では、2022年に比べて週当たりの攻撃数が41%増加しました)。

Xageは、IoTデバイスや産業システムのためのサイバーセキュリティプラットフォームを開発することを目指しています。そのプラットフォームは、クラウドに接続されている場合でも、ネットワークの変更を必要とせずに既存の環境の上に設置することができます。Xageは、デバイスの相互作用やデータの移動、企業のネットワーク上での変更を把握し、ポリシー違反を検出し、不明な場所からのシステムログインに多要素認証を要求するなどのセキュリティポリシーを実行します。

Xageは、IoTや産業システムのセキュリティプラットフォーム市場において独占的な存在ではありません。Dragosは、おそらくスタートアップの分野では最大のライバルです。ただし、Xageは顧客獲得の面で上手くやっており、アメリカの宇宙軍とアメリカの空軍との間でそれぞれ1700万ドルと74.3万ドルの契約を締結しています。

Xageの他の顧客には、エネルギー、製造、公益事業、交通などのインフラ運営者も含まれています。Mattsonによれば、この90人の従業員を抱えるスタートアップの売上は、2022年上半期に比べて420%増加し、受注も560%増加しました。

「パンデミックが最初に襲来したとき、Xageは顧客が自身のビジネスを整理しようとする中で需要に一時的な停滞を見ました。幸いにも、Xageは情報とデータのセキュリティを継続的なオペレーションの鍵として見なす企業が増えているため、十分な継続性を持っていました」とMattsonは述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments