月曜日, 12月 11, 2023
ホームスタートアップ【建築と不動産の未来へ!】プロプテック×創発的建築デザインの革命

【建築と不動産の未来へ!】プロプテック×創発的建築デザインの革命

プロプテック企業のいくつかは、家の購入者が自分にぴったりの家を見つけるのを助けるか、不動産業者により多くの販売を促進するのに役立っています。しかし、Cedarは、不動産開発業者を対象にしたソフトウェアを提供し、新しい住宅プロジェクトの調達と評価にかかる時間とコストを削減することを目指しています。

住宅不動産では、住宅の建設よりも、住宅プロジェクトの取得、設計、許可に時間と費用が掛かることがよくあります。カイル・ヴァンサイス氏、同社の共同創設者兼CEOはTechCrunchに対し、現実に建物を建てるよりも、住宅プロジェクトの取得、設計、許可に時間と費用が掛かることを述べました。

これが、人口増加に伴い需要に追いついていないアメリカの住宅市場の要因の一部であり、世界的なパンデミックもその要因となっています。実際、ここでは住宅が約650万戸不足しており、これが住宅価格を押し上げています。同時に、住宅ローンの金利も上がっています。

こうした状況から、住宅危機に取り組むため、いくつかのスタートアップ企業が登場しました。たとえば、Veevは、独自の建築システムのために昨年4億ドルの資金を調達しました。また、私たちは以前にも3Dプリント技術を使用して家を建てるICONの1億8500万ドルのシリーズDについて報告しました。

Cedarは、特に既に開発された地域に住宅を追加して密度を高める都市再生開発において、この現象を特定し、この問題を解決するためのソフトウェアを開発することを決定しました。

ヴァンサイス氏は、「住宅商品化はより興味深い問題を解決することが明らかになりました。都市の80%は住宅であり、最も見落とされている不動産の形態ですが、高級住宅や高層ビルに焦点を当てたソフトウェアは存在しません」と述べています。

動作原理

ヴァンサイス氏と共同創設者のネイト・ピータース氏、ラフル・アトラヤ氏は、建築学校で出会い、当時からコードとアルゴリズム(ジェネレーティブビルディングデザインとも呼ばれています)を用いたデザインについて考えていました。

ヴァンサイス氏は、現代の建築事務所はAutoCADなどの技術を使用していると説明しましたが、作業の多くはまだ鉛筆と紙でデザインされています。ヴァンサイス氏は、これが悪いことではないと述べていますが、SOMという世界的な建築会社でより高層ビルを設計している際、この3人は「スキルセットを最大限に活用するための最上位かつ最も適切な方法なのか」と疑問を抱きました。

Cedarのプラットフォームは、公共データと独自のデータ、およびジェネレーティブアルゴリズムを組み合わせて、土地や不動産を評価し、可能な建物デザインの配列を生成し、物件の潜在的な経済的価値を最大化するために使用されます。

同社は、開発プロジェクトごとに数か月間の作業時間と数十万ドルのコストを節約する見積もりで、評価時間を10倍に改善すると推定しています。

Cedarは、顧客に対して物件に関する利用可能な開発シナリオ全体のサイトベースの分析を提供することが主な収入モデルの一つです。二つ目は、都市議会や経済開発団体と連携し、さまざまな法改正の影響を分析することです。

同社は約15のローンチパートナーを持ち、収益を上げていますが、具体的な詳細については言及しませんでした。

ヴァンサイス氏とアトラヤ氏は、Cedarの理論をテストするために2020年にテキサス州オースティンに移りました。ヴァンサイス氏は、「第二次世界大戦後、アメリカの都市は主に一戸建ての住宅地域で開発されました。しかし、過去30年程度で、より密集した、より多様な用途の地域で生活、仕事、遊ぶことを望む人々の需要が増えてきています。彼はオースティンを「都市の中心部の開発密度を増やすためのテストケース」と見なしています。

ヴァンサイス氏は、「オースティンの土地開発規約をデジタル化することから始めたかったのは、その規約が非常に複雑だからです。オースティンは、アメリカの都市開発方法の重要な変化を象徴しています。開発業者たちは、より多くの住宅を建設するための最大のブロッカーが開発規約であると常に言っています。」と語っています。

オースティンだけでなく、Cedarはダラス、シアトル、ロサンゼルスなどでも同様の成長を予測しています。ヴァンサイス氏は、これらの都市では「明らかに住宅の負担性の危機が起こっている」と述べています。

本日、同社は300万ドルのシード資金を調達したことを発表しました。これにはCaffeinated Capitalを主導とし、開発業者Tishman Speyer、KojoのCEOマリア・デイヴィッドソン、Shorewind Capitalを通じたデイビッド・ルーベンスタイン、Alumni Venturesなどが参加しました。

Cedarは現在オースティン全域でサービスを提供していますが、新たな資金が同社に技術開発に取り組む機会を与え、今後12〜18ヶ月でさらに多くの都市に展開できるようになります。

ヴァンサイス氏は、「現在は月に5〜10のサイトを対象に深い検討と分析を行っていますが、今後1年間で月に100のサイトを対象にしたいと考えています。同様に、不動産開発業者は現在10件のプロジェクトを見ていますが、将来は100件のプロジェクトを見ることができるようになります。これにより、より深い調査が可能となり、不動産市場の効率も向上するでしょう。」と述べています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments