木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【インド最速のタクシーサービス!】ラピードキャブ、急成長を遂げる

【インド最速のタクシーサービス!】ラピードキャブ、急成長を遂げる

は、8年前にインドで設立されたバイクタクシーのスタートアップで、Uberとその国内競合相手Olaが支配する南アジアの国で、キャブ市場に進出することを発表しました。

このベンガルールを拠点としたスタートアップは、ハイデラバード南部の都市でキャブサービスのパイロットを開始したとTechCrunchは聞き、確認しました。 Rapidoのキャブサービスは、デリーNCR、ベンガルール、チャンディーガルなど他の都市にも拡大する予定です。デリーNCRでのRapidoキャブの開始は、TechCrunchによると来週早くも行われる見込みです。

最近まで、Rapidoの顧客は、オートバイや三輪のオートリキシャの乗り物を呼び止めることができました。会社が車をラインアップに追加することで、オファーの多様化が進み、顧客層の拡大につながる可能性があります。これにより、これまで車で移動する必要がある場合、Uberを利用することがあった既存の顧客にとっても、Rapidoを利用することがより魅力的な選択肢になります。

“Rapidoでは、Rapido Cabsのハイデラバードでのテストランが素晴らしいスタートを切ったことをお伝えすることを嬉しく思っています。この都市の活気ある市場が私たちを温かく迎え入れ、そのポジティブな反応は本当に心温まるものです。私たちは前進する道筋を進みながら、私たちの進捗状況について皆さんに詳しくお知らせし、革新的なサービスを他の都市にお届けすることを熱望しています。”と、Rapidoの広報担当者はTechCrunchに声明で述べました。

キャブ提供の他に、Rapidoはバスの都市間チケット予約をアプリ内に統合することを目指しており、TechCrunchによると、Zingbusと提携する予定です。この提携は、Rapidoの総売上高を拡大させ、グルグラム拠点のZingbusの顧客層を拡大させる助けとなるでしょう。

RapidoとZingbusは、提携に関するコメントの要請に対し、即座に応答しませんでした。

Rapidoは2015年に設立され、インドの100以上の都市で展開し、2500万件以上のアプリダウンロードを誇っています。スタートアップは1000万人以上の顧客を抱え、統計データによれば1億回以上の利用がなされています。

一時期、インドはUberとOlaによるアプリベースのキャブ市場の二極化が見られましたが、最近数ヵ月間、地元のBluSmartが全電動フリートで参入し、山岳地帯のマウンテンビューに本社を置くInDriveが独自の値引きモデルで市場に参入するなど、市場の変化が見られ始めています。

インドは多くのキャブが存在するものの、価格に敏感な人々の性格により、UberやOlaなどの企業が主要都市でバイクタクシーを提供しています。Rapidoは、広範な展開とともにこれらの企業に対する堅実な代替手段として登場しています。このスタートアップは、割安な都市内移動と最後の1マイルにわたる接続を提供するために、プラットフォーム上で100万人以上のバイクドライバーを集めています。

しかし、異なるインドの州におけるバイクタクシーの規制に関する明確な指針がないため、すべてのプラットフォームが市場での成長を予測するのが難しい状況が続いています。

Rapidoは総額3億2400万ドルを調達しており、Tracxnのデータによると、昨年4月に発表された最新の1億8000万ドルのラウンドを含んでいます。このスタートアップは、WestBridge、Shell Ventures、Nexus Venture Partners、AdvantEdgeなどのVC企業をはじめとする投資家から支援を受けています。また、フードデリバリーアグリゲーターのSwiggyやインドの二輪車大手TVS Motor Companyもバックアップしています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments