木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【デジタルノマド必見!】Anyplaceが8,270万ドル調達で評価額大幅上昇!

【デジタルノマド必見!】Anyplaceが8,270万ドル調達で評価額大幅上昇!

>ホスピタリティのスタートアップAnyplaceは、最低30日間の滞在が可能なホテルや賃貸物件を、ほとんどの場所で予約できるマーケットプレイスとして発足しました。彼らはいくつかの場所で予約が可能な選択肢を提供しています。

2022年初めに、会社はプロダクト「Anyplace Select」を持つオペレーターモデルに転換しました。このプロダクトは、リモートワーカーやビジネス旅行者が、家具付きのアパートメントで「完全設備の」自宅のオフィスからどこでも働けるように設計されています。会社は、新たな事業に焦点を当てるため、2022年12月にマーケットプレイスの運営を停止しました。

この転換は、CEO兼共同創設者のSatoru Steve Naito氏によれば、会社にとって賢明な選択であったと言われています。Naito氏によると、当社の収益は2022年1月以来6倍に増加しました。

さらなる成長を促すため、Anyplaceは本日、シリーズBの資金調達で827万ドルを調達したとTechCrunchに独占的に発表しました。会社は2022年1月に最後の資金調達を行い、GA Technologiesをリードとする530万ドルのシリーズAラウンドを調達しています。

Jason CalacanisのLAUNCH FundがAnyplaceの最新ベンチャーラウンドを主導し、投資を3倍に増やしました。また、LAUNCH Fundの社長であるMichael Savino氏は、調達に伴いスタートアップの取締役会に参加しました。その他にも、CapitalX、Gaingels、Riverside Ventures、Potluck Ventures、MSIVC、FreakOut Shinsei Fund、Delight Ventures、およびいくつかの影響力のある個人の支援も受けています。

Anyplaceはさらに、シリコンバレーバンクから200万ドルの債務を確保しました。

Naito氏は、30人の会社の評価額を明かすことはせず、「シリーズAラウンドからほぼ倍増した」と述べました。

現在、Anyplaceはニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、およびサンディエゴの4つの都市で100以上のユニットを管理しています。年間の入居率は80%から85%の間です。

「私たちは、仕事に適した宿泊施設の新しいカテゴリを作り出しています」とNaito氏はTechCrunchに語りました。

Anyplaceは、GreystarやAvalon Bay、UDRなどの大手不動産会社から、まとめて(5〜10ユニット)家具のないスペースをリースして収益を上げています。アパートをサブリースする前に、Anyplaceはユニットを「ワークレディ」にするために家具を備え、ホームオフィスの設備と高速インターネットを設置します。これにより、リモートで働く人々をターゲットにしています。

Naito氏によれば、マーケットと価格によって異なりますが、通常は50%程度です。

興味深いことに、Anyplaceは、通常短期的な賃貸を提供するAirbnbとは競合関係にないと考えています。実際、その顧客の約50%はAirbnbや他の類似のプラットフォームからやってきます。このスタートアップは最近、家具付きアパートメントの管理を行うBluegroundにも物件を掲載し始めました。

オフィスでの仕事を再開する人々が増えているにもかかわらず、Naito氏は、「デジタルノマド」の需要がまだ十分にあり、Anyplaceに十分なビジネスを提供すると確信しています。

「ビッグテック企業は、オフィスに人々を戻すか、よりハイブリッドな状況にする傾向があります。しかし、サンフランシスコ、ニューヨーク、LAのオフィスの空室率は依然として過去最高です」と彼は語りました。「私は、ほとんどの企業にとってリモートワークが継続することを信じています。また、パンデミックは人々のビジネス旅行中の働き方を変えました。彼らはより長い旅をしています。そして、ノマディックなライフスタイルを送り続け、私たちにとって巨大な市場を生み出しています。」

スタートアップは、第4四半期にマイアミ、ボストン、オースティン、シアトルなどの新たな市場に進出する予定です。また、現地のコーヒーショップからのコーヒー豆や、食料品店やヨガスタジオなどのパーソナライズされた地元のコンシェルジュサービスとレコメンデーションを提供するといった、顧客の体験を向上させる取り組みも行っています。

「Anyplaceは、Blueground、Zeus、またはLandingのような家具付きアパートメント会社ではありません」とNaito氏は述べています。「彼らは事業を拡大することには長けていますが、顧客体験は商品化されつつあるのが現状です。」

将来的には、Anyplaceは異なるブランドと提携して、ユニット内の家具やオフィスセットアップの購入オプションも提供する予定です。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments