月曜日, 12月 11, 2023
ホームスタートアップ【進化するデバイスの未来!】Fingerprintが3億3000万ドル調達、プラットフォーム拡大へ

【進化するデバイスの未来!】Fingerprintが3億3000万ドル調達、プラットフォーム拡大へ

>Fingerprintは、デバイスの情報を活用してセキュリティソリューションを開発するためのデバイスインテリジェンスAPIです。主な目標は詐欺の予防を支援することです。

このシカゴを拠点とする企業は、米国の投資会社であるNexus Venture Partnersをリードとし、Uncorrelated Venturesも参加した3,300万ドルのシリーズC投資を発表しました。

同社の共同創業者兼CEOであるダン・ピントは、自分たちのスタートアップがインターネット上のデバイスを識別するのに非常に優れていると述べています。Chrome、Safari、Firefoxなどのブラウザや、モバイルオペレーティングシステムを介してネイティブアプリを通じて、あなたの電話上でデバイスを識別することができます。彼は、クッキーやIPアドレスなどのデバイス追跡の方法が、ブラウザ技術の変化と特にVPNを使って自分の身元を隠す能力とともにもううまく機能していないと主張しています。

ピント氏はTechCrunchに対して、「インターネット上で匿名であることは、基本的には悪いことをすることができるという意味です」と語っています。

「私たちは、サービスを大規模なビジネスに提供しています。これにより、他の人のアカウントにログインしてはいけない他の人がログインする、盗まれたクレジットカードを複数の偽アカウントで使用するなどの事態を防ぐために、デバイスをユニークに識別することができます」と彼は語っています。

彼らはAPIを通じてこれを実現し、開発者が彼らのサービスにリンクしてウェブサイト上での詐欺を防ぐのを支援しています。彼は、デバイスにインストールされているフォント、画面解像度などの要素から、デバイスがサーバーとのSSLハンドシェイクをどのように完了させるかなど、非常に詳細な技術的な要素までを検索すると語っています。同社の技術は、共同創業者でCTOのヴァレンティン・ヴァシリエフ氏が作成したオープンソースライブラリ「Fingerprint.js」に基づいています。

ピント氏は、以前のスタートアップであるMachinioでヴァシリエフ氏と出会い、同氏を会社の最初のソフトウェアエンジニアの1人として雇いました。その時点でヴァシリエフ氏はすでにオープンソースプロジェクト「Fingerprint.js」を作成し、その人気が高まっていました。Machinioが2018年に売却された約1年後、彼はオープンソースプロジェクトの成功を基にビジネスを展開する方法を模索するために退職しました。すぐにピント氏も彼に加わり、Fingerprintという会社が誕生しました。

同社は形式的にはオープンソースライブラリをサポートしていますが、ピント氏によれば、それらはより堅牢なエクスペリエンスを提供しているとは言えません。「したがって、オープンソースバージョンでの人物識別に使用する技術は、あまりにも長い期間オープンにされていますし、悪意のあるアクターはそれを回避する方法を見つけ出しています」と彼は語っています。「一方、プロバージョンで使用している技術はオープンソースではないため、よりプライベートに保っており、かなりうまく機能しています」と彼は付け加えました。

このような解決策には、特にGDPR(EU一般データ保護規制)の下ではプライバシーに関する難しい問題がありますが、ピント氏によれば、同社は実際には個人情報を収集していません。彼は「私たちがそれを回避する方法は、基本的には依然として人物が誰であるかはわからないということです。私たちはデバイスしかわからないし、われわれの側からも匿名の識別子です。ですので、私たちの識別子を受け取ったときに行うことは、複数の匿名の識別子を比較し、パターンを見つけ出して匿名の識別子をブロックすることだけです(必要な場合)、」と説明しています。

彼はまた、企業がこの技術をマーケティングや広告目的に利用する理論的な可能性もあると付け加えましたが、価格設定がそれを妨げています。

同社は、TD Ameritrade、ウエスタンユニオン、US Bankなど、100人の従業員と6,000人の顧客を抱えて成長しています。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments