木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【新時代の宇宙革命!】アグニクル、巨額の資金調達でインドの宇宙テックスタートアップを支える!

【新時代の宇宙革命!】アグニクル、巨額の資金調達でインドの宇宙テックスタートアップを支える!

アグニクルは、カスタマイズ可能な衛星ロケットを使用した商業打ち上げを開始するため、小型打ち上げ用宇宙技術のインドのスタートアップが新たに2670万ドルの資金調達を行いました。また、大手のテック巨人からスタートアップまで、既存の技術の改善や正確な位置追跡や遠隔地のインターネット接続といった新しい体験を提供するために、小型衛星(最大500kg)を宇宙に打ち上げる企業が存在しています。EU委員会が指摘しているように、これにより小型ロケットへの需要が高まっています。

従来、小型衛星は大型のロケットの副ペイロードとして打ち上げられてきました。エロン・マスクのスペースXなど、既存のプレーヤーは小型衛星の打ち上げのためにライドシェアミッションを実施してきました。しかし、その需要の増加により、スペース企業は特定の解決策を求めるようになりました。Astra、Virgin Orbit、Rocket Labなどのアメリカのスペース企業は、需要の増加に対応するために小型衛星打ち上げ用のロケットを導入しました。ただし、需要と供給のギャップは依然としてほとんどの見方からするとかなり大きく、新規参入企業に十分な余地を残しています。

アグニクルは、そのような新規参入企業の1つです。同社は「アグニバーン」小型衛星ロケットを使用します。このロケットは、組み立てや従来の製造プロセスのない一体型エンジンを使用して、迅速な生産スケジュールと特注の打ち上げを提供します。代わりに、アディティブ・マニュファクチャリング(いわゆる3Dプリンティング)を使用します。アグニクルは、チェンナイを拠点とするスタートアップで、2021年初めには「アグニレット」という3Dプリントされたエンジンを打ち上げて成功させるなど、その計画の一部を披露しています。

アグニクルはエンジンの特許を取得し、エンドツーエンドの3Dプリントを使用して多くのエンジンを製造するための施設も設立しました。また、同社は2021年11月にインド初の民間打ち上げ場兼ミッションコントロールセンターをアンドラ・プラデーシュ州のシュリハリコータのサティシュ・ダワン宇宙センターに設置し、2021年8月には打ち上げ車両「アグニバーンSOrTeD(副軌道技術デモンストレータ)」の統合作業を開始しました。

アグニクルの共同創設者でCEOのスリナス・ラヴィチャンドランは、インタビューで、「顧客が解決策を求める際にインドを見る際、ISROが直接対象にしていないニッチな領域を埋める存在です」と述べました。

ISROは現在、低軌道に500キログラムまでの衛星を打ち上げるための小型衛星打ち上げ車両(SSLV)を持っています。しかし、ISROはその車両を完全に入札を通じて民間セクターに移管することを意図しています。

ラヴィチャンドランは、2023年の終わりまでに最初の試験飛行が予定されている商業化後、インドを含むいくつかの衛星技術スタートアップがアグニクルの顧客になる可能性について、具体的な詳細は明らかにしませんでした。

アグニクルが運営する小型衛星打ち上げ車両の市場では、GIC、Sherpalo Ventures、Graph Venturesなどの投資家からバックアップを受けているインドのスタートアップSkyroot Aerospaceも存在しています。後者はVikram Sを使用して重量80キログラムのペイロードを高度100キロメートルまで運ぶことができます。同様に、Rocket Labなどのグローバルなプレーヤーも小型衛星打ち上げのためのElectronロケットを持っています。しかし、ラヴィチャンドランは、ペイロードの要件に応じて車両をカスタマイズする能力がアグニクルに費用効果の優位性をもたらすと述べています。

彼はまた、車両はモバイル発射台を使用して打ち上げられるように設計されていると述べ、再利用が可能であるとも述べています。

アグニクルは現在、主に製造と打ち上げの運用に従事する

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments