木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【超効率の学習革命!】10分間スクールがついに登場!

【超効率の学習革命!】10分間スクールがついに登場!

バングラデシュの教育へのアクセスには、格差があると言います。エドテック企業10 Minute Schoolの創設者たちによれば、多くの農村地域には良い学習センターがありません。その結果、学生たちは大学入学試験のために首都ダッカへと移動しなければなりません。しかしこの選択肢は、財力のある家族にしか利用できません。

元々YouTubeチャンネルとして始まった10 Minute School(略して10MS)は、バングラデシュ全土のK12生徒に補完教育へのアクセスを民主化することを目指しています。同社はバングラデシュ最大のエドテック企業であると主張し、本日500万ドルのプレシリーズAラウンドを調達したと発表しました。これはバングラデシュのスタートアップにおける最高額のシード投資となります。これにより、10MSの総調達額は750万ドルとなります。

10MSはK12生徒向けに、ライブ配信される授業、録画されたレッスン、大学入学試験の準備、および個別のクイズなどのコンテンツを提供しており、これらはスマートフォンアプリからアクセスできます。現在、同社は35,000以上の録画ビデオレッスンと82,000以上のクイズを所有しており、モデルテスト、電子書籍、講義ノートなど、全国のカリキュラムを網羅した資料も提供しています。学生の52%はダッカ以外の農村地域や準都市からのものであり、34%は女子学生です(10MSの目標の1つは、教育におけるジェンダーの不平等に取り組むことです)。

同社の新たな資金調達ラウンドは、民間および政府の投資家から行われました。主導投資家はConjunction Capitalで、Peak XVのSurge(以前のSequoia Capital India)やバングラデシュ政府の主権ベンチャーファンドであるStartup Bangladesh Limited、CREDの創設者兼CEOであるKunal Shah、MyAsiaVCのマネージングパートナーであるSajid Rahman、およびいくつかのローカルのエンジェル投資家も参加しました。

共同創設者のAyman Sadiqは、2015年にYouTubeチャンネルとして10MSを立ち上げました。Sadiqは2012年以来教師として活動しており、以前はダッカの主要な予備校で教えていました。その時に、多くの生徒が授業料と故郷からダッカへの移動費の2つの障壁に直面していることに気付きました。Sadiqは、「自分がすべてのビデオを録画し、YouTubeに無料でアップロードすることができるという考えが浮かんだのです。それによって誰も首都に来る必要がなく、誰もお金を支払う必要がなくなりました」と述べています。彼はまた、カーンアカデミーやedXのようなオンライン学習プラットフォームにも強い影響を受けました。SadiqはYouTubeで10万人以上のフォロワーがついたことで、このアイデアは拡大可能であると気付いたと述べています。

2015年から2019年にかけて、YouTubeチャンネルは電気通信事業者や家電メーカー、日用品ブランドなどのスポンサーを獲得し、K12のカリキュラム全体をカバーした25,000以上のビデオを制作しました。しかし、パンデミックが発生するとスポンサーが次々と離れ始めました。Sadiqは、自分のプロジェクトを持続可能にするためには有料版を作る必要があると感じました。そこで10MSは最初のプレミアム商品として有料の書籍とコースを制作しました。

彼は言います。「興味深いことに、その有料の書籍とコースには10万人以上の有料のユーザーがいました。それによって、私たちは実際に自分たちの提供やソリューションのいくつかに収益化を図ることができるというアイデアを瞬時に持つことができました。」

この若い会社は投資家を探し始め、2022年にはSurge(旧Sequoia India)の主導による200万ドルのシード資金を調達しました。

10MSがプレシリーズAを調達したことで、同社は技術力、コンテンツ、業務に投資する予定です。共同創設者兼COOのMirza Salman Hossain Begは、「AIを活用して学生に個別の学習体験を提供することを目指しており、技術開発をサポートするためにエンジニアとプロダクトマネージャーを増員する予定です。」と述べています。

10MSのもう一つの投資重点は、バングラデシュの進化するK12カリキュラムに適したコンテンツです。「バングラデシュ政府は現在、国家カリキュラムに大きな変革を遂げており、それに伴い新しいカリキュラムをサポートするための新しいコンテンツを作成する必要があります。」とBeg氏は述べています。

10MSは現在、オンラインとオフラインのハイブリッドモデルを模索しており、放課後の教育用のセンターを設立し、別の営業チームを組織して英語教材の新しい分野を開拓しています。

興味深いことに、バングラデシュで最高額のシード投資を調達した最後のスタートアップもエドテックでした。初等教育を重視するShikhoは2022年3月までに合計530万ドルのシード資金を調達しました。Shikhoは10MSの競合他社の1つですが、Beg氏は10MSが早期に設立され、サイズが大きく、幅広い学年を教えているという利点があると述べています。

Beg氏は、バングラデシュでのエドテックへの関心の背後にあるものについて尋ねられた際、同国の教育システムは多くの課題に直面していると述べました。「K12システムには4200万人の大規模な学生が在籍しており、実際に首都以外の地域に住んでいる学生の多くは、その地域に良い教師がいないため、良質な教師や教材にアクセスできないのが現状です。」と彼は言います。「解決すべき根本的な問題は、非常に手頃な価格で質の高い教材や教師へのアクセスです。」エドテックは、学生たちがどこにいても携帯電話で学習にアクセスできるようにすることで、教育へのアクセスを民主化する機会を持っています。

Conjunction CapitalのマネージングパートナーであるKirill Kozhevnikovは、投資家からのコメントとして「これは私たちがバングラデシュ市場に参入する最初の冒険であり、このパートナーシップが同国の教育の風景を再定義することを確信しています。」と述べました。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments