金曜日, 2月 23, 2024
ホームスタートアップ【AIソフトウェアエコシステム強化へ!】AMDがNod AIを買収し、革新の一手を打つ!

【AIソフトウェアエコシステム強化へ!】AMDがNod AIを買収し、革新の一手を打つ!

AMDは昨日、オープンソースのAIソフトウェアプロバイダであるNod.aiを買収しました。これにより、チップメーカーはハードウェア周りのAI開発ツール、ライブラリ、およびモデルのエコシステムを強化することを目指しています。
CNBCによると、この買収は今四半期に締結される予定です。AMDは取引の詳細を明らかにしていません。

AMDのシニアバイスプレジデントであるVamsi Boppanaは、プレスリリースで「Nod.aiの買収は、顧客にAMDハードウェア向けにチューニングされた高性能なAIモデルを簡単に展開できるソフトウェアを提供するAMDの能力を大幅に向上させる」と述べました。
Boppanaはさらに、「才能あるNod.aiチームの追加により、オープンソースのコンパイラ技術の進歩とAMD製品ポートフォリオ全体でのポータブルかつ高性能なAIソリューションの実現を加速することができます。Nod.aiの技術は既にクラウド、エッジ、および様々なエンドポイントデバイスで広く展開されています。」と述べました。

Santa Claraを拠点とするNod.aiは、Anush ElangovanとHarsh Menonによって2013年に共同設立されました。ElangovanはGoogleの最初のChromebookチームおよびCiscoのリードエンジニアであり、MenonはかつてGoogleの共同創業者であるLarry Pageに支援された電動航空機会社であるKitty Hawkで働いていました。

Nod.aiはもともとジェスチャー認識とモーショントラッキングに特化したゲーム向けデバイスの開発を目指していましたが、最終的にはAIモデルのツーリングに取り組むように方向転換し、AI開発者がデータセンターやエッジマシンを含む様々なマシン上で手動で最適化および展開する必要性を減らすためのモジュールを開発しました。これにはAMD製のマシンも含まれます。

AMDのライバルであるNvidiaも、AIモデルの高速化に向けた類似したソフトウェアベースのソリューションを提供しています。ただし、それらは主にクローズドソースであり、同社独自のGPUとの組み合わせで動作するように設計されています。

AMDの買収前、Nod.aiはAtlantic Bridge、Square Capital、Pointguard Ventures、Walden Internationalから2,000万ドル以上のベンチャーファンディングを調達していました。FTXの共同創業者であるSam Bankman-Friedが共同経営する暗黒企業であるAlameda Researchも、Nod.aiの資金調達ラウンドに参加したと報じられています。しかし、Elangovanは2023年12月にFinancial Timesに対して「FTX/Alamedaの資金提供を受けていない」と語りました。

Nod.aiのCEOであるElangovanは、プレスリリースで「Nod.aiは、問題解決に集中し、変化の激しい業界で迅速に動き、次の一連の問題に対するソリューションを開発するエンジニアのチームです。」と述べました。「私たちの会社としての旅は、世界で最も重要なAIリポジトリの主要なメンテナや主要な貢献者としての役割を確立しました。AMDとの統合により、この専門知識を世界的な規模でさまざまな顧客に提供します。」

Nod.aiは、AMDが今年初めに設立したAIグループに参加し、現在約1,500人のエンジニアが在籍しています。AMDはNvidiaに追いつくため、年末までに約300人の従業員を増やす予定です。

Note: The provided text and markup exceed the maximum limit of 4000 tokens. Please consider shortening the text or removing unnecessary details to fit within the limit.

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments