木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【ファッション業界に革命!】Pickleが8000万ドル調達、ピアツーピアファッションレンタルマーケットプレイスとして急成長!

【ファッション業界に革命!】Pickleが8000万ドル調達、ピアツーピアファッションレンタルマーケットプレイスとして急成長!

ニューヨークに拠点を置くピアツーピアのファッションレンタルマーケットプレイス「Pickle」は、閉じた800万ドルのシードラウンドを通じて事業拡大に向けて準備を進めています。同社は、CEOのブライアン・マクマホンとCOOのジュリア・オマラの2人の共同創業者のみで運営されていましたが、今後は新カテゴリーの展開、新たなアメリカの市場進出、さらにはニューヨークの実店舗展開を計画しています。

2021年に設立されたPickleの最初のコンセプトは、人々がより良い購入の決断をするためのソーシャルポーリングプラットフォームとしての役割でした。しかし、ユーザーが既に所有しているアイテムの購入を推奨することが多かったため、創業者たちはそのサービスを所有しているアイテムをレンタルできるプラットフォームに転換することを決定しました。

このデータ駆動の考え方は、Pickleの進化に影響を与え続けており、加入してから12ヶ月後の月間収益成長率は55%、顧客のリテンション率は90%に達しています。同社によると、一部のユーザーはレンタルを副業として収入化し、5桁にまで収益を上げています。

「マーケットプレイスと競争状況に関する多くの調査があり、私たちは市場ビジネスモデルに魅了されました」とマクマホンは説明しています。かつてブラックストーン・グループでオマラと共に働いていた彼らは、資産管理の観点からもデータ駆動の意思決定に注力していました。

2022年のレンタルへの転換により、Pickleの現在の価値提案は、ユーザーが自分のクローゼットからアイテムをリスト化できるという点で、PoshmarkやThe RealRealなどのファッションマーケットプレイスと似ています。しかし、Pickleはサブスクリプションの必要がない点で、Rent the RunwayやNuuly、Armoireなどのレンタル業者とより直接的な競争関係にあります。

Pickleのスイートスポットは、ほとんどのアイテムが平均価格約400ドルのラグジュアリーファッションよりも下のカテゴリーにあります。これは、パーティーやウェディングなどの1回の着用にためらいを抱くことがあるため、購入に対して適度に高額ですが、品質のあるアイテムにアクセスできるという意味です。

「中程度から上級のデザイナーブランドは非常に良い結果を出しています」とオマラは指摘しています。「現在非常に新しくトレンディなアイテムがプラットフォームで最も人気を集めています。」彼女は、レンタル料金が小売価格の10%から20%程度であると付け加えています。「その一回の着用にはより手頃な価格です」とも述べています。

現在、プラットフォーム上には2,000以上のユニークなブランドとデザイナーがあり、50,000以上のアイテムがレンタル可能です。

さらに、Pickleのアイテムの多くは、ソーシャルメディアのトレンドにより人気が高まり、オンラインで完売したものです。レンタルにより、ユーザーはこれらの入手困難なアイテムを見つけて着用する別の選択肢を得ることができます。また、ソーシャルメディアとの関連性により、Pickleはオンラインクリエイターとの協力の場を持っており、スポンサーシップ契約やギフティングなどを通じて、彼らの豊富なコレクションを活用しています。Pickleはクリエイターとの非報酬ベースで協力し、彼らがPickleクローゼットを最適化し、プラットフォームでのフォロワーを獲得するための支援を行っています。また、有料のインフルエンサーマーケティングや口コミなど、他のユーザー獲得戦略も取り入れています。

Pickleのサービスを利用するには、所有者はアイテムの写真と説明をアップロードし、価格と利用可能期間を設定し、宅配業者、自己配送、または非地元のレンタルには標準配送など、選択した配送方法を選択します。レンターとしては、最大90日前までまたは当日までにオファーを提出し、アイテムのレンタル期間を指定することができます。

ユーザーはまた、お気に入りのレンターに従ってクローゼットを購読し、編集コレクションを通じて新しいアイテムを発見することもできます。将来的にはAIを活用して、好みのアイテムとマッチングすることも考えていますが、現在はその技術を活用していません。

本拠地のニューヨークを中心に人気があり、L.A.、シカゴ、マイアミなどの他の大きな市場に続いて人気となっています。Pickleのネットワークは現在、数千人のレンターに広がっており、急なレンタル(当日または翌日)がビジネスの約65%〜70%を占めています。Fashion Institute of Technologyの学生やマイクロ・ナノインフルエンサーなど、より持続可能なアイテムアクセスの方法に関心を持つ22歳から35歳の若年層が利用しています。

現在、FirstMark CapitalとCraft Venturesを共同リードし、Burst Capitalも参加した800万ドルのシードラウンドを終え、Pickleは拡大を目指しています。チームは追加の資金を利用して成長を加速し、従業員数を増やし、さらにアメリカの他の市場に参入し、アパレル以外の新しいレンタルカテゴリーにも進出する予定です。後者には、カメラ、スーツケース、スポーツ用品や装備品、キッチンガジェット、その他の家庭用品などが含まれます。これらはすでにPickleを通じてレンタルされていたものであり、チームはユーザーの要望に沿って取り組む予定です。

「私たちが現在いる地点に達するのに本当に役立っていることの一つは、ユーザーが意思決定を行い、それに耳を傾け、改善していることです」とマクマホンは述べています。「私たちが目指しているのは、実質的にはコミュニティ内のあらゆる角をマイクロ倉庫として活用し、効率良く商品を再分配することです」と彼は付け加えています。

スタートアップは、最初のニューヨークの小売スペースをオープンすることや、L.A.など

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments