木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【音楽プロデューサーやミュージシャン必見!】サウンドを最大限に高めるKit Pluginsが1億円調達

【音楽プロデューサーやミュージシャン必見!】サウンドを最大限に高めるKit Pluginsが1億円調達

音楽ソフトウェア開発スタートアップのKIT Pluginsが、Copycat Holdingsをリードとするシードファンディングで100万ドルを調達しました。このナッシュビル拠点のスタートアップは、プロデューサーやミュージシャンがクオリティの高いスタジオサウンドを録音するために、珍しいアナログギアのデジタルオーディオエミュレーションを提供しています。

KIT Pluginsは2020年にCEOのマット・クラインマンによって設立され、彼らの音質を向上させるための創造的なミキシングツールを含むオーディオプラグインにプロデューサーやミュージシャンがアクセスできるようにすることを目指しています。クラインマンは、ブラックバードスタジオのオーナーであるジョン・マクブライドにアプローチし、スタジオのアナログギアをソフトウェア化する会社を立ち上げることを考えました。

クラインマンは、フィフスハーモニーやビッグマシンレコードなどの有名アーティストと一緒に働いたオーディオエンジニア兼プロデューサーであり、音楽業界でのデジタルオーディオエミュレーション、またはオーディオプラグインの必要性を認識していたと語っています。

「最初のアイデアは、市場のニーズというよりもむしろ空いている領域から生まれました」とクラインマンはTechCrunchのインタビューで述べています。「ブラックバードは音楽業界内で非常に素晴らしい施設であり、ジョンはまさに類を見ないビンテージ機材のコレクションを持っています。私はこの素晴らしい機材にアクセスしており、私が望んだようにその機材を再現するソフトウェアにアクセスできない友人たちと話し合いました。私はブラックバードをプラグインの世界にもたらすチャンスを見出しました。」

KIT Pluginsは現在、長い間使用されていないオーディオギアを特徴とするノーマン・ペティ・レコーディング・スタジオとも契約を結びました。現在、スタートアップはスタジオの音をエミュレートする3つのプラグインを製作中です。

スタートアップの主な焦点はアナログエミュレーションであり、物理的な電子機器(プリアンプやイコライザなど)を取り上げ、その音を再現するソフトウェアに変換することです。

「ソフトウェアをダウンロードして、コンピュータにインストールすることができます」とクラインマンは語ります。「自宅のラップトップやデスクトップで音楽を作成しているときに、現実の世界の機材を通して走るような同じ音を捉えることができます。そしてこれにはメリットがあります。1つはもちろん、このビンテージ機材の多くを購入するよりも100ドルはずっと安いということです。もう1つの利点は、機材にアクセスできるけれどもそれを持ち運ぶことができないジョンのような人々にも役立つということです。それはある意味で二枚刃の剣です。ギアの負担を負えない人々にも助けになる一方で、ギアを持っていても旅行ができない人々にも助けになります。」

KIT Pluginsのターゲットとする顧客層は多岐にわたり、スタートアップの現在の顧客層は趣味で音楽をする人やプロフェッショナルです。ブラックバードのプラグインを始めたときには、既に音楽関係者がメインでしたが、新製品が発売されるにつれて、KIT Pluginsは音楽制作を始めたい人をターゲットにしています。

新しい資金については、スタートアップはより多くのプラグインを迅速に作成し、人工知能の助けを借りて新しいテクノロジーの開発を加速させるために使用する予定です。

KIT Pluginsは現在、29ドルから200ドルまでの9つのオーディオプラグインを提供しています。スタートアップはすでに6,000人以上の有料顧客を抱え、ローンチ以来、月間有料顧客成長率は平均9%、注文成長率は14%です。

将来については、スタートアップはプラグイン会社以上の存在になりたいと考えており、人々が集まり協力できるプラットフォームになることを目指しています。そのために、同社は最近、NOIZ Hubという子会社ブランドを立ち上げ、現在、オーディオコミュニティ向けの教育コンテンツを提供するYouTubeチャンネルを運営しています。

先述のように、KIT PluginsはAIを活用し、クリエイターをサポートしたいと考えています。

「みんなが答えを模索している質問であり、私たちも同じですが、AIは将来の私たちの一部としてどのように統合されるのか」と彼は述べています。「私の使命は、クリエイターをサポートするために人工知能を活用する会社でありたいということです。AIはあなたが仕事をするのを助けるために存在します。AIによって仕事が置き換えられるのではなく、サポートされるべきです。私の希望は、次の4〜6年で人々が学び、適切なツールを見つけることができる場所を作ることです。音楽制作はおそらく最も入りづらいものの1つです。私自身がミュージシャンやプロデューサーとして自信を持つまでには長い時間がかかりました。それをもっと簡単にしたいのです。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments