月曜日, 6月 24, 2024
DRAWING TOGETHER
ホームスタートアップ【大人気!日本発のヨーガレストランがラテンアメリカに進出】Yoogaが営業開始!

【大人気!日本発のヨーガレストランがラテンアメリカに進出】Yoogaが営業開始!

>Yoogaは、ブラジルを拠点としたレストラン運営管理システムの開発を行っており、シード資金として230万ドルの初の機関投資を調達しました。ラウンドはSaaSholicを中心に、Gilgamesh、Apex Partners、Backfutureも参加しました。

Vinicius Melo、Victor Sortica、Cassiano Guerra Fernandesは2017年に会社を共同設立し、2020年にはフレンズ・アンド・ファミリー・ラウンドで30万ドルを調達するまで、3年間自己資金でYoogaを立ち上げてきました。

これは、Meloが大学でウェイトレスとして働いた経験から生まれました。彼はレストランの運営プロセスを自動化し、またテクノロジー能力に関係なく誰でも使える製品を提供するためのソフトウェアの開発をしたかったのです。

Meloは、自身がソフトウェアハウスに滞在し、「シリコンバレー」というテレビ番組のようにそれを開発する方法を学ぶために住んでいました。ソフトウェアハウスの友人が、Sorticaが開発者を必要としていると話したことを受け、MeloとSorticaが出会うきっかけを作りました。

Yoogaは、レストランが注文を管理し、キッチンに注文を送信し、最終配送を行い、在庫とキャッシュフローを管理するためのソフトウェアを提供しています。そのビジョンは、これらのプロセスをすべて1つのプラットフォームの下にまとめることをお客様が支援することです。同社は、お客様を1週間以内に導入でき、わずか2か月で結果を見ることができると、Meloはインタビューで述べています。

共同設立者は、Yoogaがラテンアメリカの「Toast」になることを目指していると述べており、共同設立者たちが進む道のりの多くをToastが開拓したと言っています。

「周りを見まわしたとき、私たちがやっていることはToastに似ているとわかりました。それは良いベンチマークでした」とSorticaはTechCrunchに語りました。

MeloとSorticaは、ブラジルの市場が分断されているため、Toastを競合とは見なしていません。ブラジルには何百もの企業と何百もの顧客が存在しており、従来のソフトウェアはレストランのニーズに十分に対応する速度で進化していないためです、と彼らは述べています。

Yoogaは6,000以上のクライアントを抱えており、成長しているとMeloは述べています。これらのクライアントのほとんどは以前は紙やスプレッドシートを使用しており、Sorticaによれば、ブラジルのレストランの60%はソフトウェアを利用していないとのことです。

同社の収益の大部分は、月額35ドルから始まる定期購読から得られています。Yoogaは、支払いとその他の専門サービスから新たな収益ストリームを追加する作業も進めています。

Yoogaは年間20億ドルの取引を処理し、月間400万以上の注文がプラットフォームを通じて流れています。共同設立者たちは、同社の成長率は現在も2桁であると述べています。新しい投資により、同社の評価額は2000万ドルになりました。

MeloとSorticaは、資本を追加のスタッフ採用と技術開発に投入する予定です。近々登場する最初の新機能は、「タップオンフォン」とPIX決済ソリューションです。これらの新たな収益ストリームにより、Yoogaの平均利益を倍増させることが期待されています。

「過去3〜4か月間、私たちはプラスのEBITDAを計上しており、今後はさらに成長したいと考えています」とSorticaは述べています。「会社としては順調で、多くの現金を消費していませんが、タイミングの問題だと理解しています。少ない人々が資金調達を行っている中、前に進みたかったのです。私たちの目標は、このカテゴリーのオーナーになることです。」

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments