木曜日, 5月 23, 2024
ホームスタートアップ【2021年成功の証!】Canopy Servicing が1億5200万ドルのシリーズA1を調達

【2021年成功の証!】Canopy Servicing が1億5200万ドルのシリーズA1を調達

2023年には、フィンテック業界は2021年とは大きく異なる状況に直面しています。広範なテック市場の後退に伴い、資本は乏しくなり、評価倍率も急落し、世界中のフィンテックスタートアップは資金調達に苦しんでいます。そこで、ローンサービスを支援するソフトウェアを開発するフィンテックスタートアップのCanopy Servicingが新たに資金調達を実施したとのニュースが舞い込んだため、私たちは詳しく調査することにしました。

TechCrunchの独占取材により、同社は最近、1500万ドル相当のA1シリーズラウンドを調達したことが明らかになりました。同社は2021年8月に最後の資金調達を行っており、その時点ではフィンテック製品およびスタートアップにとってホットな時期における顧客成長を報告していました。

このような状況でCanopyがなぜまた新たな資金調達を行えたのか、またシリーズBを確保することが期待されていたのになぜシリーズA1を調達したのか、私たちは興味を持ち、CEOのマット・ビボンス氏にインタビューすることにしました。

枯渇を乗り越えて

フィンテック分野が最もホットな年に資金調達を行ったにもかかわらず、Canopyがさらなる資金を確保することができたのには明確な理由があります。ビボンス氏は、同社の業績がその理由だと語りました。同社の総利益率は80%以上であり、正味売上保持率は150%よりも200%に近く、今年はそのソフトウェアによる約10億ドルの処理を行う予定です。さらに重要なことは、Canopyが年間繰り返し収益を2.5倍から3倍に増やすことを予想している点です。それはベンチャー投資家が資金を投じたいと考えるような収益の拡大です。

しかし、シリーズBではなくシリーズA1を調達したのはなぜでしょうか?ビボンス氏によれば、会社は単純に後者の道筋にはまだ準備ができていなかったとのことです。A1ラウンドにより、Canopyは次の15か月で年間繰り返し収益を1,000万ドルにまでスケールし、その後、希望するパートナーを選ぶ立場がより強固になると語りました。これは、低い評価額での大規模なラウンドはより多くの希釈を引き起こすためです。

Canopyの既存の投資家は、CanopyがシリーズA1ラウンドでその支持を行うことになりました。FoundationとInfinity Venturesが共同リードしたこのラウンドは、Canopyが以前にCanaanやHomebrewから資金調達を行っていたこともあります。

それにもかかわらず、既存の投資家の需要や急速な成長、堅調な経済状況にもかかわらず、Canopyは評価額を下げることになりました。CEOによれば、CanopyのシリーズA(1,500万ドル相当)は、プレマネー評価額4800万ドル、ポストマネー評価額6300万ドルで調達されました。一方、A1ラウンドはプレマネー評価額3500万ドル、ポストマネー評価額5020万ドルで調達されました。ビボンス氏はメールで、同社は通常、評価額は市場によって上下するため、公にはその数字を開示しないと追加しました。

以前にCanopyに投資した先行投資家がもっと株式を購入したいと思ったのは理解できます。彼らは、すでに投資した会社で割引価格で株式を購入することができましたし、その会社は彼らが最後に投資した時点でうまくいっていたのですから。ダブルダウンする理由はなぜないでしょうか?

スタートアップのエシカル

ローンサービスについてはあまり考えることはないと思います。私自身もそうです。しかし、それはローンサービスが重要ではないわけではなく、現代に合わせるためのテクノロジーのスラグが役に立たないわけではありません。

元記事はこちら

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments